トータル032900 -今日0023 /昨日0027

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

オカルト 分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 ]


ビンテージ線 hachi 2004/04/01,05:10 No.407 返信 (t)
どうもhachiと申します。こちらでは初めましてですね!

近頃ビンテージ線とは何ぞやと思いいろいろ買い込んで
聴いてみているのですが、どれも高域が硬いというか
伸びきる手前でピークになっているようなトゲトゲした音に聴こえます。

低域がファットだったり、アタック感が気持ちよかったりする
モノもあったんですが、高域は大体同じ印象でした。

石油系の絶縁体のコート(皮膜?)が癖を作ると聞いた事があるのですが、
みなさんはビンテージ線をどのように使っているのでしょうか?

高域の癖は僕が買った線がたまたまそうだったのかなぁ。。
>> 線材 荒木(東京、大田区) 2004/04/01,21:45 No.408
何処に使ったのでしょう。アンプ内か、SPケーブルか。
私はビンテージケーブル礼賛はまさにオカルトだと思っていますので、このお試しは面白いですね。この分科会の恰好のテーマかと思います。
>> 無題 1500 2004/04/01,23:57 No.409
hachiさん 荒木さん こんばんは

古い線材に投資出来る方は別として、
はたしてオカルトと言えるのでしょうか?
当時の技術で作った物が良いのかは別として、
WEブランドそのものが、オカルトなら別ですが・・・
haxhiさんは両方をお持ちのようなので、
現行品99%で残り1%で配線材を作り試して見て欲しいです。
>> よろしくです! hachi 2004/04/02,06:18 No.410
それほど、高価なビンテージ線でもないですよー。僕のは。
試聴環境は、、

ウォークマン(笑)&ヘッドフォンアンプです。
ビンテージ線はそれをつなぐピンケーブルをいくつも自作しました。


たった数十センチでも、こんなに変わるもんなのかと、勉強になりました。
一応ウォークマンとヘッドフォンアンプもちまちまチューンしてあって
PAの仕事をしている友人にも「ポータブルの音じゃねぇなぁ」と
好評なセットです。

そのセットで何処へ行くにもケーブルをとっかえひっかえ、ずーーっと聴いて
いたので、微妙な違いに鈍感な自分でも良くわかりました。
>> ケーブルアセンブリ 1500 2004/04/02,11:07 No.411
hachiさん 前のカキコミでお名前のタイプミスがあり、失礼しました。

自分はケーブルにコダワリななく、とにかく手に入る物で済ませてしまって、
hachiさんのように勉強してません(いいのかなー)。
付属ケーブル、秋葉で100円程度、拾った電線などが主です。
WEがどんなケーブルなのかは、知らないのですが、
聴感の変化は大事で、違いがある場合に、例えばCD-Pとアンプの接続で、
付属のケーブル+WEを数センチ入れて見るとドウナルノカ??
全てWEで接続した時と同じ聴感が得られるのか、付属ケーブルそのものなのか、
数センチでもWEを入れると、聴感が、まあまあなら、これこそオカルトで、
>> つぎたしケーブル hachi 2004/04/08,03:25 No.412
1500さん

どうもhachiです。
ケーブルにこってる方は、継ぎ足しケーブルでも効果があるとおっしゃっていますよ。
僕はまだ試してないですけど。単体で使うと大味な線をニュートラルな線材に
継ぎ足してバランスをとるなどのテクニックがあるようです。

今、”アナコンダ”というビンテージ線を試聴中です。
これは、あんまり高域のうるさいところが無く、かつ太い音で
いいかも。
リバーブの奥行きなどは苦手なようですが、音が前に来る感じが
迫力あっていいなぁ。

みなさんもいろんなピンケーブル作って、感想を聞かせてくれたらうれしいなぁ。
>> 大会の結果から 多賀政信 2004/05/06,10:05 No.414
お寺でのオカルトケーブル大会、スピー-カーケーブルの部の優勝作品は上野さんの限りなく値段の安い鉄鎖でした。口あんぐり。それから皆さん線材については?の世界に入っています。


主人の病気と植木の立ち枯れ 多賀政信 2004/03/22,11:09 No.406 返信 (t)
兄がガンで死んだとき主木の赤松が枯れた。私にガンが見つかり手術を受けた。そのころから門冠りの黒松が勢いをなくし去年枯れ死した。手術を受けたころスモモの1本は立ち枯れ死、1本は樹勢を無くし今かろうじて生きている。去年心房細動から脳梗塞を起こしたが(長島選手とおなじ私は軽かった)勢いの良い姫りんごが季節はずれの落葉をした。この春芽吹くか危ぶまれる。今、枯れたスモモのそばの3本の椿、姫りんごのそばの3本の椿が立ち枯れしている。脳梗塞を起こしたときは元気だったが。木がかれるにはそれなりの原因があるだろうけど、主人の生命に関係する病気と植木の死を関連つけるとオカルトぽくなる。


おたっしゃオーディオ dyke 2003/11/10,18:58 No.389 返信 (t)
量子力学はどうもあまり共感をいただけなかったようで・・・。もすこしこっちも勉強してから、伺い直します。

ところで、オーディオの副作用として、すぐに輻射電磁波など考えられるわけですが、いい面もあるのではないかと。

たとえば、真空管からの遠赤外線で冷え性が治ったとか、トランスからの漏洩磁束による肩こりの軽減、高周波領域のノイズでのガンの消滅(特にデジタル機器)、他にも糖尿に利いた、かすみ目が治った、リウマチには、300ボルトの感電に限る、などいろいろな体験を伺いたいのですが?
>> うーむ、、 とらねこ 2003/11/11,00:07 No.390
子供の不良が治った、職場での業績アップ、学校での成績アップ等もあるといいのですが。。。

まあ、わけわからんオーディオアクセサリーで歴然と音がよくなるなんてこと自体、一種の霊感商法ととらえた方がいいかもしれませんね。

やはりこれからの最新流行は絵画商法かなぁ。
http://www.geocities.jp/alpine_renault_a310/tenjikaishouhou.htm

街角(交差点で信号待ちしてる時)とかで勧誘員が気の弱そうな人に声をかけ、
「古物と実験」を渡します。
この雑誌を受け取ったらヤバイです。
>> 五月蝿い。 多賀政信 2003/11/11,10:31 No.391
スイッチ入れないことが多くなった。窓を開け風と梢のまぐわい。小鳥が加わった3Pプレイ。生の自然音だ。音の悪い音を出しちゃいけないオウヂオ装置、考えたんだ、頭良くなったつもり。
>> とりあえず、 とらねこ 2003/11/12,20:31 No.395
効果のないオーディオアクセサリーをつかまされたら、消費者センターに相談してみることから始めるべきかもしれませんねぇ。宗教なら良いのですが、オーディオは商業なわけで。。。

オーディオ業界とかオーディオ雑誌に、職業倫理というようなものは存在しないのでしょうかねぇ?

くだらない古物だのオカルトだのを法外な値段で売りつけるのは、そろそろやめにしたほうがいいと思うなぁ。(ケラ

いや、宗教(カルト)ならいいんですが、それならそれでちゃんと宗教法人登録してから、お布施をとるようにしてほしいなぁ。
>> 300Bは安すぎるぞ〜 dyke 2003/11/12,23:01 No.396
宗教と(適度な)趣味との区別は難しいです。

ハタから見たら真空管アンプ自体が宗教といわれちゃうかも知れませんから。

逆に、ぼくはWE300Bなんて意地でも使いたくない、それはWE信仰への反発ですけど。今は安いですからね。昔に比べたらものすごく安いといえるかも。だって、パソコン1台30万円って普通ですからね。これが3年でほぼ無価値になるわけですよ。それにくらべたら、WE300Bだろうが、○○トランスだろうタダみたいなもんです。ほぼ一生ものですからね。300Bなんかダメになっても飾っておくだけで自慢できるし。


ゲシュタルトオーディオ タムさんす 2003/11/06,13:03 No.384 返信 (t)
視覚的な錯覚ですが、ほぼ万人がそのように感じる様ですね。
ケーブルの色の話では万人に共通とは思えません。(特殊な人なら一致するかもしれませんが)例えば2次歪みは認知しにくいなどはこれにあたるのでしょうか。でも、探すと出てきそうですよね。
>> うーむ、それとは とらねこ 2003/11/07,08:37 No.388
直接関係ないかとも思いますが、両耳ビートというものがあるそうです。
左右、別周波数を耳にぶちこむと、ビートが発生するというもの。
単耳ビート(これはふつうのビートと同じ)とはまったく異なるとのことで、比較的低い周波数での現象だそうです。
また、両耳の移相差を処理する能力に密接に関係しているのではないかとのこと。

頭のなかで、精神的?にもf1+f2 f1-f2が合成され、あるはずのない音が感じられるということ自体おどろきですが。

低周波発振器作って、ためしてみますか。
>> 頭の中ののビート タムさんす 2003/11/11,13:15 No.392
人間の頭の中って結構普通の配線がされているようですね。頭の中でビート音が合成されると言うことは、単純に加算されているような配線となっていると考えれば良いのでしょうか。
只、ロジカルに多くの人で同じ現象が発生するのであれば、ゲシュタルトオーディオとかオカルトではなく、特性として考えたほうが良いかと思いますが、如何でしょう。
ゲシュタルトオーディオの例ですが、真空管アンプを見せながらフィリップス君を聞かせたり、300Bを見せながら、6BM8超3を聞かせたりする場合の反応では?と考えています。違うかな??
>> ビートの話 小川 2003/11/11,16:02 No.393
ビートは2信号の差の周波数です。信号を加算するだけでは決して差の
成分は発生せず、掛け算が必要です。実際には系の非線形性に内在する
2乗の項によって乗算が行われるわけです。

いずれにせよ両方の耳に独立に与えられる刺激に対して、脳内で乗算
らしきことが起きているというのは興味深いことです。

なおオカルトについて、熱狂、信仰まで行かずとも、マスメディアに
よる権威付け、友人などから得た情報による予断からくる刷り込み
などの軽いものもありますね。何とか商法の売り込みテクニックも
この類ではないでしょうか。
>> うーむ、 とらねこ 2003/11/12,20:09 No.394
あと、両耳ビートの発生が周波数特性を持つ(低域で両耳ビートが起きる)というのもなかなかと興味深いかと。。。

人間の耳は、上下方向も検出できるらしいですね。
ダミーイヤーにマイクをしこんで、レシーバーで聞かせると、上下を検出できるのだそうです。
耳たぶによる効果とか。
>> そうか、乗算ですね タムさんす 2003/11/13,11:31 No.398
昔、吹奏楽をやってた頃、楽器の音合わせの再にビートの有無で判断した記憶があります。アレは、頭の中で作られていたわけですね。うーむ。

外的な情報(マスコミの記事云々)による影響ですが、意外と大きいのではないかと思います。自分が聞いている音の良し悪しの判断基準は外来の事でしょうから、耳の特性とか、処理系の特性以上に変化が大きいかと思います。
この辺の心理学的な影響ですが、雑誌などはもっと真剣に扱うべきでしょうね。
物理的に正しいものが、違った判断をされている例は沢山あるでしょうね。
>> 上下の検出 タムさんす 2003/11/13,11:56 No.399
の話は聞いたことがあります。
なんでも、耳たぶの反射の遅延を用いて上下判断するとのことです。
事故で耳たぶを失うと上下がわからなくなるので発見されたそうです。

ちなみに、遅延時間は1uSec程度との事です。
>> ビート? 村田@熊本 2003/11/13,13:00 No.400
皆さん、こんにちは。

議論を明確にするため、質問いたします。
例えば、1000kHzと1100kHzをスピーカから出すと、
100Hzの音が聞こえると言うことですか。
<タムさんす>調律での現象は「うなり」ですね。ビートの
周波数は0に近づくので聞こえません。
>> うーむ、 とらねこ 2003/11/13,13:43 No.402
出た。μsのオーダー。
おかしな話だと思うのですが、あるみたいですねぇ。
1つのクリック音と(エネルギーが同じ)2つのクリック音を判別できる間隔が数十μsって書いてあったかなぁ。。
数十μsということは数十KHzの帯域ということになると思いますが、、、

可聴周波数によるf特の評価基準もみなおしが必要かなぁ。。。
>> そうか、うなりですね タムさんす 2003/11/13,17:49 No.403
村田先生 お久しぶりです。田村です。

そうか、あれはうなりですか。ビートだと差の周波数が別に聞こえないと駄目ですね。そうすると、頭の中でビートが発生する話面白いですね。
試して見れるものでしょうか。(ヘッドホン使ってやれば良さそうですか・・)
>> バイノーラル・ビート MI 2003/11/14,02:10 No.404
WaveGenでLch:250Hz -10dB, Rch:254Hz -10dBとか指定して、それぞれのスピーカを左右に離して置くと、簡単に試してみることができます。
時間差の検出は、十数μsが限界(これで音源の左右方向の弁別限が決まる)、上下の方向感は耳たぶの影響による数kHz(8kHzあたりが中心)の周波数伝達特性のディップで決まります。


こんなん とらねこ 2003/11/06,10:04 No.378 返信 (t)
あるらしいですけど、どうですかね。

Windows対応音声処理ソフトウェア 音声工房シリーズ
http://www.sp4win.com/sp4win/sp4win.htm

超三アンプの音の声紋を表示したら、宇多さんの顔が模様になって浮かびあがる可能性大です。

やはり、これからのアンプ特性はソナグラム分析が主流かなぁ。
>> ソナグラムなら タムさんす 2003/11/06,12:35 No.380
http://www2.tky.3web.ne.jp/~nozu/

こちらのほうが安いです。
>> ソナグラム分析 MI 2003/11/14,03:33 No.405
ソナグラム分析は時間分解能がよくないのでおすすめできません。FFT分析の前に数msもしくは25ms長程度のウインドウをかけますから、その区間の平均的なスペクトルが表示されます。周波数帯域は、普通8kHzか4kHz。それに、アンプにどんな信号を入力するのか? 宇多さんや多賀さんの声を入力して、当てっこするのもおもしろいですが。


無題 坂川 典正 2003/11/05,08:17 No.369 返信 (t)
ソフトンさんの技術資料は http://www.icl.co.jp/audio/RW20.htm にあります。(私が購入した時に入っていたものと全く同じ内容でした!)一読されることをお勧めします。なお、私の言いたい低インピーダンスとは、出力トランスから見て入力インピーダンスが低いという意味です。通常はオーバーオールNFの効果で、出力トランスを含めたスピーカー駆動インピーダンスが低いのをさしていると思いますが、この場合はトランスから見て3極管で1000オーム程度、五極管ではかなりのハイインピーダンスでトランスを駆動していると思っています。その点、超3結アンプは局所NFで、100オームオーダーでトランスを駆動していることになる・・・と思います・・・が、いかがでしょうか?
>> まあ、 とらねこ 2003/11/05,18:18 No.374
それはそれ、コアボリュームはコアボリュームということで。。。

出力インピーダンスを下げたところで、トランスが大きくなるわけではないからなぁ。。

しかし、このソフトンさんのトランスの画像、以前ヤフオクにも出てたような気が。。
>> 無題 坂川 典正 2003/11/06,11:29 No.379
特性図を見ていただいてお判りとは思いますが、単にF特が良くなっただけではなく、パワーを食わせた時の出力ゲインがほとんど落ちないことに私は驚いているのであります。あたかもコア・ボリュームが大きくなったかのような振る舞いであると思っています。600オームドライブでこれですから超3結V1の出力インピーダンス=1/Gmなら・・・もっと効果がありそうです。  一般に小さなコアボリュームでの音量変化⇒トランスのパワーバンド幅リミッタ効果によるゲイン変化⇒位相変化⇒Ayumiさんの言うトランジェント歪発生・・・と大雑把に考えている私としては、コア・ボリュームが小さいにもかかわらず、ゲイン変化が少ないとなれば、その音はよい筈である・・・と、まあ、そう思っているのですが、はずしてますかねえ?


時間がたつと音が良くなる。 とらねこ 2003/11/04,17:12 No.359 返信 (t)
キター!(AA略)
みなさん大好き、エージングの話で盛り上がりませんか!!!

で、エージングの定義ですけど、これがなかなかあいまいなんですよね。場合によっていろんな使われかたしてる。まあそんな単語は日本語には多いですから、別にいいのですが。


出荷前エージング(ならびにそれと同等の、製造後短期間のもの)
 高信頼管のAged 48hoursとか、6080のグリッドをプチプチいわせたりとか。
 スピーカーのならし運転とか。
電源をいれてしばらくたつとホニャララ〜
 アンプが暖まってくるとホニャララ〜
 毎日のエージングはオーディオライフの基本かも。
経年変化
>> 幾つかありますね。 宇多@茨城 2003/11/05,00:06 No.366
オカルトとは考えないけど・・・ワインのように甘酸っぱくホロ苦く。 

● 短時間の変化
(1) あるスピーカ
 午後一番は、まあガックリするような音だけど、夕方にはマッタリと結構な
 音に変化するスピーカ。 持ち主は出番に必ず四時過ぎを指定してきます。
 最初は事情を知らず、首を傾げて自作アンプに愛想をつかしたけれど、次の
 機会も同様な状態、どうやら・・・と気がつき、私も夕方に鳴らさせて頂戴。
(2) 大抵の出力トランス
 買ってきて組み込んで最初にパワーを入れると、オヤ失敗したかな?・・・ 
 構わず我慢して一週間も毎日鳴らし続けると、ナメッこく結構な音に・・・
>> 耳が とらねこ 2003/11/05,18:47 No.376
常用回路によって変化するということはあると思います。
というか、長くやっていると、耳が訓練されてくる。

霊の姿が・・・声が・・・収集
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/8361/zasugaku/okaruto.html
岩崎宏美の万華鏡は、以前TVの幽霊番組でかかっていたけど、本当に変な声が入ってる。
こういうのに気がつく人というのは、オカルトマニアとしての選択的聴取をしているのでしょうね。
>> 耳の訓練?、聴き方の相違? 宇多@茨城 2003/11/05,22:32 No.377
とらねこさん> というか、長くやっていると、耳が訓練されてくる。

特定回路の音に染まるなどの場合、意識的訓練ではなく習慣的に嗜好とその基準
が作られ、比重づけされるのかも。 人もエーシング対象に分類されますね?。

とらねこさん> 歪み・クリップ、トランジェント、f特など、音質評価をする
とらねこさん> 上で、我々も選択的聴取をしているということはあると・・・

幾つかある評価パラメタの基準・比重は各個人毎に異なり、同一レコード、同一
再生装置による再生でも、さまざまの評価になるようです。
大別して「歪み(率)・f特比重」と「トランジェント比重」とがありそうです。
>> 耳がなれる場合と タムさんす 2003/11/06,12:39 No.381
装置の経年変化によるものを分けないとぐちゃぐちゃになりそうです。

耳の馴れかどうかはわかりませんが、前線の通過などで音が変わった経験があります。
また、晴れた場合と、雨降りで変わるようです。
耳の問題か、装置内部の部品の変化かよくわからないですね。
>> 人も当然、 とらねこ 2003/11/06,12:55 No.383
エージング対象でしょうねぇ。人間、不老不死ことはありません。エージングを問題にされているのに丹波哲郎氏の書籍をお持ちではないのですか?丹波氏によると「あの世とこの世は地続き」です。Yahoo! Books(URL略)で売ってますので是非ご購入ください。エージング問題の基本教科書で、ピュリツァー賞を受賞しています。
但し、加齢による(中略)については書いてないと思いますが。

ま、それはそれとして、選択的聴取の能力と個人の嗜好は、あきらかに独立した要素だと思うなぁ。
順序の問題として、選択的聴取ができて、はじめてソノ手の特性に対する嗜好が生じうるということはあるでしょうが。


ゲシュタルトオーディオ評論 とらねこ 2003/11/04,11:13 No.353 返信 (t)
Amazonで注文した「聴覚心理学概論」と、大学時代に買った心理学の教科書を眺めはじめてます。

それとは全く関係ないのですが、ゲシュタルト・オーディオ評論というのはあるような気がします。

太い電線は音がゆるくなる
細い電線は音が細くなる
単芯は音が硬くなる
自然素材の電線は音がナチュラルになる

見た目で音を勝手に決めてる。
いかにも頭悪そうなんだけど、まかり通ってる。
まあ、真実だったりするかもしれませんけどねー。(ププ

他に、こんな例、ありませんかね?
僕、あんま雑誌とか買ってないんで、実例の引用希望でーす。
>> ゲシュタルトって何? 小川 2003/11/04,13:07 No.354
と思ってググッてみたら、こんなのが出てきました。

http://www.gestaltnet.jp/gestalt.html

私は遠慮しておきます。
>> いやー、 とらねこ 2003/11/04,16:01 No.356
ググってみましたか。。。

僕も確固たるバックボーンがあって用語を使ってるわけではないんですけどね。
とりあえず、一定のオーディオ評論カテゴリーに対して適当に名前つけてます。。

でもなんで
http://www.ai.wakwak.com/~aan/psycol/psychology/gstalt.html
このへんがヒットしなかったんだろうなぁ。
小川さんのグーグル用PCには選択的検索心理が入っているかもだなぁ。。。

前から思ってるんですが、300Bってのはいい型番ですよね。
>> 「ゲシュタルト的」評論かなあ、 小川 2003/11/04,16:23 No.358
あえて呼ぶとすれば...。

緩和及第

曰く、ケミコンのチューブをはぐると抑圧感がなくなり開放感のある音になる。

曰く、CDPに鉛の錘を乗せるとどっしりと重厚感のある音になる。

曰く、自動車用のバッテリーを使うと鈍重で切れの悪い音になる。

色による違いを追及すると面白そうだなあ。
>> (・∀・)イイヨーイイヨー とらねこ 2003/11/04,17:36 No.361
その調子。。

そういえば、どっかで読んだり聞かされたりしたような。。。

ケミコンのチューブをはぐると抑圧的な音になる記述は、さすがに見たことが無いなぁ。。
バッテリーは、大信号が流れると電極間の水だけ放電して、しばらくしないと復帰しないとか言いますけどね。それにしてもバッテリーで軽快な音になったというのがあるかどうか。。
自動車は重工業の代名詞だからなぁ。。やはり自動車系は重くなるんですかね。

CDPに鉛の重りを載せる話は初めて聞きました。早速実験してみましょう。
うちは原発の近くなので、多分音の放射性が低減されると思います。
>> まずはケーブルの色 小川 2003/11/04,21:51 No.363
からでしょうね。

白 = 色付けのない音
黒 = 重みがあるが沈んだ感じの音
赤 = 情熱的だが飽きの来る音
黄色= 軽快だが深みに欠ける音
青 = クールな音
灰色= 平凡で色気のない音

うーん、我ながらなんて常識的で先入観に縛られていることか。
>> 先生! とらねこ 2003/11/04,23:26 No.365
色の研究に大いに参考になるサイトを発見しました!(゜∀゜)

http://www.rosenkranz-jp.com/kaiser/nandemojyouhou.htm#2002/01/09

ただし、結束バンドですが。
>> でかしたアトム! 小川 2003/11/05,00:50 No.367
上出来じゃ。よく見つけたのう。

じゃが、ここまで行くと鼻白むのう。ゲシュタルトの崩壊じゃ。
>> うーむ、、 とらねこ 2003/11/05,18:37 No.375
早くもネタ切れか。。。

しかし、このサイト、三橋美智也をテストCDにする人が、モーニング娘。を語っているところに大きな問題があるような気がするなぁ。。

http://www.helloproject.com/ybr/
これによれば赤:4 黄色:5 青:7

カラーコードは、赤:2 黄色:4 青:6

結論。赤<黄色<青。


ところで電線の色って、用途によって決まってませんでしたっけ?
赤は高圧、黒はアース、スクリーングリッドは●●、など。。


オカルトいろいろ dyke 2003/11/01,08:56 No.347 返信 (t)
オカルト=現代科学で説明できないもの、と定義した場合、

@現代科学の認識限界

A個人の認識限界

とがあると思います。Aは、まさに、誤解や迷信、思いこみ、雰囲気(含むブランド信仰)であって、それはそれでまたおもしろいとは思うのです(音響心理学など?)が、科学の発展(大げさですが)のためには、@の方がより重要な気がします。
>> 無題 dyke 2003/11/01,09:00 No.348
自己レスです。

訂正です。「粒子論の前提となるエーテル」ではなく、「波動論の前提となるエーテル」でした。重ねてお詫びします。
>> 100dB? 村田@熊本 2003/11/01,18:06 No.349
dykeさん、皆さん、こんばんは。

>100dBの差は、凡人でも結構認識可能で、簡単な例は、ノイズです。
どういう意味でしょうか?
>> うーむ。 とらねこ 2003/11/04,20:38 No.362
レスつけときますか。

量子効果ってなんだか知りませんけど、ツェナー他いろんなつぶつぶ系のノイズとか該当するかもですね。やはりこれからのアンプの最新流行はペルチェ素子を使った冷却かなぁ。。
磁区のヒステリシスがよーくみるとギザギザになっているのとかも該当するかもですね。
量子効果ってなんだか知りませんけど。

私もそのうち、シュレーディンガーの猫の話をさんざんした挙げ句、12BY7Aアンプの話につなげるようなスタイルの格好いい記事を、ラジオ古物とかに書いてみたいなぁ。


まあ、 とらねこ 2003/10/16,14:30 No.345 返信 (t)
とりあえずスレッド変えるわけですが。。

荒木さんおっしゃるように東栄さんの低域特性は素晴らしいものがあるわけで。。。
1KHzぐらいから、、もうすばらしさが発揮されますです。
TANGO・TAMURAでは、ちょっと考えられないなぁ。。
二次側にうち消し直流電流流してみたことあるんですけど、あんま効果なかったなぁ。やっぱりクローフ結合が答えだったかもしれませんねぇ。。

基本的には100Hzぐらいをぶちこんで歪率見れば「おやまあ」ということになるわけで、僕測定器持ってないんで想像しかできないんですが、通常ですと1/fノイズで歪率が増えるところでガアッと。。。
>> さほど悪くはないです。 宇多@茨城 2003/10/17,10:52 No.346
確かに小型トランスでは、低域のレスポンス低下は大きく、例えば 100Hz-3db
とかになります。 同一出力では振幅を大きくする必要がある低域では、コア
ボリュームが過小にて流しうる直流電流および信号電流の限界に達しやすく、
飽和による奇数次高調波歪みの発生を避けるには、多数並列接続して余裕を
持たせるしかありません。

従って、小型トランスでは単一使用であっても、複数並列接続によっても、
自ずと限界があり、飽和に到るまでのマージンは、高価な大型トランスに
比べて、一定のプレート電流値および信号レベル=出力値範囲内に限られます。
>> トランスの基本的特性 坂川 典正 2003/11/02,10:58 No.350
割り込みで失礼します。私は東栄さんのトランスを使ったわけではないのですがエレキットさんのTU-870の超3結V1改造の経験からでも、キャラメル箱サイズの小型トランスが結構良い音がする経験から、想像が容易です。私はこの理由は(他のスレッドでも若干触れたのですが)信号源インピーダンスが圧倒的に低い超3結アンプの特性ゆえだと思っています。とすれば、どのトランスでも良い結果になる訳で、東栄さんに限ったことでは無いのではないかということです。このあたりの根拠はソフトンさんのRW−20、RW−40の技術解説にある信号源インピーダンスの違いによる周波数特性をご参照ください。でも、波形観察をPCで実施してみた結果、何名かの方が報告されていたかと思いますが、かなり変形していたことも事実でしたので、人間の耳は(特に低いほうは)あてにならないものだ・・・・とも思っていることを付記します。
>> うーん、 とらねこ 2003/11/04,10:45 No.351
そうですかー。。。

まあ、TU-870に載っているトランスちゃんは意外に毛並みの良い物らしいですからねぇ。。
僕は出力インピーダンスの低いアンプならそこそこ作ってますけど、東栄さん、春日さん、他、やはり大きく差が出るように思いますよー。ソフトンさんのトランスは使ったこと無いんで技術解説書とか持ってませんけど。

でもまあ、東栄さんもいいですよね。低域がきちんと出ていなくても低域感がバリバリで。それ系が好きな人には、まあお勧めといえます。

コアボリューム不足は、レスポンス見てるといろいろ面白いですね。
>> 無題 坂川 典正 2003/11/05,08:06 No.368
本文なし


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!