トータル021594 -今日0008 /昨日0030

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

オーディオ掲示板 (中部地区)

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / ]


画像タイトル:img20090306003337.jpg -(107 KB)

無題 えいざぶろう 2009/03/06,00:33 No.306 返信 (t)
こちらは、808トランスドライブアンプで
オークションに出してる方に製作おねがいしました。

音は808の方がゲイン小で15Wほどですが、音はリアルです。

http://www4.ocn.ne.jp/~bmasaru/lgelS02.html



画像タイトル:img20090305012842.jpg -(119 KB)

808アンプ えいざぶろう 2009/03/05,01:28 No.302 返信 (t)
808アンプも仕入れました。


画像タイトル:img20090305012353.jpg -(104 KB)

3極送信管 えいざぶろう 2009/03/05,01:23 No.301 返信 (t)
はじめまして。

自分では、作れない3極送信管アンプですが
ときどき、出させて下さい。

酒井さんは、豊橋の方でしょうか?
オークションでお世話になっております。
>> 無題 酒井 2009/03/05,15:32 No.303
なかなか立派なアンプですね。左は100THのトランスドライブのようですが右の真空管は何というものでしょうか。トランスドライブではないように見受けられますが。回路構成など判れば教えて下さい。
>> 無題 えいざぶろう 2009/03/06,00:15 No.304
本文なし
>> 構成 えいざぶろう 2009/03/06,00:24 No.305
酒井 様

右は、アンプ部で左が電源です(こうしないと持ち運べません)
電源はeimac2-150Dです。
照明器具で使う方も、ネットででてました。
宍戸氏のイントラをトランスドライブにしたものです。
アウトプットはハットのもので、ヒータトランスはノグチやタムラです。

自分は回路は作らないので、ご説明できませんが
eimac2-150Dは872Aでも鳴らせます。


画像タイトル:動作中の4-65A -(55 KB)

送信管アンプ 酒井 2009/01/01,07:41 No.298 返信 (t)
送信管は形や規格にバラエティーがあって新しい球を試すときはわくわくします。この4-65Aを始めとして826,8012,8025,808,100TH,250THなどはプレートがタンタルかモリブデンでできており動作時には写真のように赤く輝きますので見ているだけでも楽しいです。プレートを赤熱させて大丈夫かと心配される方が見えますがこれによってプレート表面に塗ったジルコニウムが活性化して管内ガスを吸着するので真空度が増し動作が安定します。ただ発熱が凄いのでサイドからACファンで冷却しています。
>> キレイですね さいとう@茨城 2009/02/19,21:22 No.299
私も早く4-65Aをモノにしたくなってきました。 (^^
http://www.cronos.ne.jp/grp/026_s.jpg
我が家のプレート赤熱系は3C24シングルです。
+Bは370V, グリッド電流は7.5mAほどでした。
>> コメントありがとうございます。 酒井 2009/02/22,13:36 No.300
茨城のさいとうさんの3C24もきれいに焼けていますね。はじめは大丈夫かなと心配になりますが慣れてくるとこれが当たり前になってきます。私は4-125Aでも試してみましたがプレート電圧が最高で800Vまでなので十分な動作をさせられませんでした。グリッドを+40Vにしてもプレート電流が80mAまでしか上がらずうっすらと赤くなる程度でした。このときグリッド電流は40mAも流れます。プレート電圧をもっと上げないと無理なようです。尚外道分科会掲示板の方にVT-127Aを試したときの写真を出していますのでよろしかったら見て下さい。


画像タイトル:イントラ反転アンプ(4-65A3結) -(60 KB)

無題 酒井 2008/12/31,11:54 No.296 返信 (t)
はじめまして、今度手作りアンプの会に入会させていただいた酒井です。まだ定年前で普段は忙しくなかなかアンプ製作はできませんが最近は以前製作した宍戸先生のイントラ反転アンプを作り直して色々な送信管を楽しんでいます。送信管はフィラメントの規格がまちまちで電流値が大きなものが多くまたB電圧も高圧(イントラ反転アンプはそれでも低い方ですが)なのでフィラメント電源とB電源を別筐体にしました。また様々な送信管を試せるように電圧値をロータリースイッチで可変出来るようにしたのでフィラメント電圧が10V,電流が10A程度までの送信管であれば大体使えます。送信管はピン形状も様々ですのでソケットアダプターも自作して様々な送信管を試しています。写真はダッシュ管の4-65Aを3極管(2つのグリッドを繋げただけですが。リニアアンプでは使われる手法のようです。)接続にしたものです。動作条件はEp=800V, Eg=約+30VのときIp=約80mAです。このときグリッド電流は約30mAも流れます。グリッドにこんなに流して大丈夫かと心配されると思いますが多くは第2グリッド(スクリーングリッド)を流れるので心配いりません。今後ともよろしくお願いします。
>> 送信管 nakayama(岡崎) 2008/12/31,22:54 No.297
真空管アンプを作る方は、球では直熱3極で、とか5極でパワー盛り盛りとか、送信管の音色や明かり(?)を楽しむ、などこだわりは百人百様、そのどれもすばらしい成果をあげられている方が多いです。 
 送信管はみかけによらず繊細な音(?)というのをよく聞きます。私にも少し送信管のアンプがありますが、6CL6の超3結(う〜だ仙人直伝仕様)はそれこそ見かけによらず豪快な音です。 
 なかなか手につかない211とか811を何とかしたいなあ、と思っていますので、色々教えてください。今後ともよろしくお願いいたします。


ホーンスピーカーに合うトゥイーター もっ 2007/12/29,21:01 No.294 返信 (t)
画像を撮るのを忘れてしまいましたが、リファレンスのホーンスピーカーにトゥイーターを追加してみました。

ドームトゥイーター・ホーントゥイーター・コーントゥイーターとつけ比べて見ましたが、コーントゥイーターがつながり的にも良いような気がしました。

比較的設計の古いコーントゥイーターも、使い方によれば、非常にいい味を出しますね。


聴いて判断 河辺 2007/12/02,09:59 No.293 返信 (t)
石田さん、、測定はしません。測定する物はありますが、しません。あくまで耳を信用するしかないので。
NAKAYAMAさん、あわてること無いです。何時でも聴くことが出来ます。
夕べも営業外2時間、二組のAUDIOマニアが、ケンケンガクガクそして驚愕。こんなのあり得ない。いろんなCDを掛けまくり、最後に「マーカスミラー」のハイテクニックなエレキバースを小気味よく再生します。バスドラとベースの掛け合いでも、何ら遜色なく再生します。やはりボーカルが良くなくてはね。大好きな「Diana Krall」も最高に聴かさせていただけます。


画像タイトル:GIANT CORN -(26 KB)

新しいスピーカー 河辺 倉司 2007/11/30,13:18 No.290 返信 (t)
 8cmフルレンジとピエゾ・ツイーターを使ったトールボーイのスピーカーを造りました。周波数特性はまだ取っていませんが、20Hzを軽く超える重低音が再生されていると思われますここまでの重低音は振動、音圧と判断されます。ここまで再生すると、中域に艶が出てきます。ピエゾはエンクロージャー内に納めています。28kHzまででるツイーターなので、中域にハリが出ました。音域が広いほど、美しい音はないですね。
>> Re:新しいスピーカ 石田 2007/12/01,08:47 No.291
 20Hzを超える低音が出ているとのことですが、ぜひ測定データを公開してください。ただ、室内では定在波の影響が大きいので近接測定データの合成か、屋外での測定が必要だと思います。
>> おもしろいですね nakayama(岡崎) 2007/12/01,22:24 No.292
ダクトのサイズが固定されていて、キャビティで周波数を調整という発想はなかなかできません。60φ・170mmだと2ndを20リットルとっても40Hzくらいですから、単に共鳴管として働いているのではないのでしょうね? Wバスレフは失敗すると悲惨ですが、この先時間がとれたら追試させていただこうかと思います。う〜む 時間がない、置く所もない・・・か?
>> 凄い長さですね 尾崎晶一 2008/03/11,14:52 No.295
写真拝見しました。凄いですね、音官増幅って原理でしょ、自分は部屋が狭いので、イコライザで調節して小型スピーカーから出してます。何でもスピーカーの外と電子回路側にはミラー効果って効果があるんですよね。でも、スピーカー派も流石だな、がんばってアンプ作らないと小型スピーカー派は居場所が無くなっちゃうな。


画像タイトル:img20071029004837.jpg -(40 KB)

補強 河辺@田原 2007/10/29,00:48 No.282 返信 (t)
画像を付け忘れました。
>> 補強板 青山(常滑) 2007/10/30,23:09 No.283
河辺さん、画像アップありがとうございました。
たしかに、他の方の補強とは考え方が異なっているように感じます。
いろいろな対策が考えられるのですね。

少し調べましたが、周波数特性の計測は、無料ソフトで行えるようですので、マイクを手に入れていつかやってみたいと思います。



画像タイトル:img20071028175723.jpg -(80 KB)

補強 nakayama(岡崎) 2007/10/28,17:57 No.278 返信 (t)
青山さん、みなさん、こんばんわ。 牧原さんの紹介されている補強はすごいですね。後からやろうとするといろいろ制約も出てきます。あまりにいい加減で参考にならないかもしれませんが、既存の箱を改造して2WのSPを作ったときの補強の状況です。これでも十分役には立ちました。要は、平面の膜振動が小さくなれば良いので、面のセンター部分を動きにくくしてやります。(1次モードの腹部分にあたります) これで、余分な放射音が少なくなると思いますが、定在波はとれません。どれだけ影響しているかわからないので、やはり、色々やられる前に、周波数特性をとることを検討されてはいかがでしょうか?
>> さすがですね。 牧原 2007/10/28,20:13 No.279
中山さん
河辺さんがおっしゃていた側板への補強板がありますね。その他の補強も参考になります。

当方の箱はHPに載せてありますP610の箱の補強と同じです。
http://www.audio-romanesque.com/p610.htm
フロントバッフルにはヒノキの柱を2本使用しているので強度はありますが、
裏板はあまり強度はありません。
但し当方の箱はフロントとリヤバッフルは24ミリ合板を2枚張り合わせているので何とかでしょう。
素人の自作密閉箱なので裏板の取り付け部分にタイヤのゴムをパッキンとして使用しています。
>> 気を使う 青山(常滑) 2007/10/29,00:34 No.280
小さな箱でも補強には気を使うといわれていましたが、なるほど、こういうことですか。
結構な板厚に見える箱にこれだけの補強を施すのですね。
補強学を少し勉強して、より好ましい音が出るように挑戦して行こうと思います。

日曜日のお昼間が僕の至福の時間でした、以前は。というのは、音量をあげられるからなのですが、アンプが変わって小音量でも音のバランスが崩れないので、時間帯などあまり気にせずに音楽を聴けるようになりました。楽しい時間が増えています。

nakayamaさん、牧原さん、情報をたくさん教えて頂きましてありがとうございました。
>> 補強 河辺@田原 2007/10/29,00:46 No.281
/Users/DAICHI/Desktop/RIMG0001.JPG
皆さん補強がスゴイですね。私のは補強というより定在波殺しみたいな物です。5mm圧の合板です。これはユニットの真裏に付けています。これは固定せずにいろいろ位置を試しながらやった方がよいですよ。一カ所ばかりでなく2カ所3カ所と、背が高くなると多く欲しくなります。
制振材は豊橋のこんなところで売っています。http://homepage.mac.com/aranobi/
自動車が主なのでサイズは大きいですが、内容は一緒なのでAUDIOでも使えます。自動車用だから安いですよ。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!