画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

オーディオ掲示板 (中部地区)


   ページ指定:[ 1 . ]


画像タイトル:動作中の4-65A -(55 KB)

送信管アンプ 酒井 2009/01/01,07:41 No.298
送信管は形や規格にバラエティーがあって新しい球を試すときはわくわくします。この4-65Aを始めとして826,8012,8025,808,100TH,250THなどはプレートがタンタルかモリブデンでできており動作時には写真のように赤く輝きますので見ているだけでも楽しいです。プレートを赤熱させて大丈夫かと心配される方が見えますがこれによってプレート表面に塗ったジルコニウムが活性化して管内ガスを吸着するので真空度が増し動作が安定します。ただ発熱が凄いのでサイドからACファンで冷却しています。
>> キレイですね さいとう@茨城 2009/02/19,21:22 No.299
私も早く4-65Aをモノにしたくなってきました。 (^^
http://www.cronos.ne.jp/grp/026_s.jpg
我が家のプレート赤熱系は3C24シングルです。
+Bは370V, グリッド電流は7.5mAほどでした。
>> コメントありがとうございます。 酒井 2009/02/22,13:36 No.300
茨城のさいとうさんの3C24もきれいに焼けていますね。はじめは大丈夫かなと心配になりますが慣れてくるとこれが当たり前になってきます。私は4-125Aでも試してみましたがプレート電圧が最高で800Vまでなので十分な動作をさせられませんでした。グリッドを+40Vにしてもプレート電流が80mAまでしか上がらずうっすらと赤くなる程度でした。このときグリッド電流は40mAも流れます。プレート電圧をもっと上げないと無理なようです。尚外道分科会掲示板の方にVT-127Aを試したときの写真を出していますのでよろしかったら見て下さい。


[返信しないで戻る]