トータル065212 -今日0057 /昨日0387

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

ラジオ分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 24 ]


画像タイトル:img20080601131029.jpg -(16 KB)

手抜き工事の測定器 高橋@鹿沼 2008/06/01,13:10 No.487 返信 (t)
またまたおばかな工作しちゃいました。
3D無線クラブにある「44、テスター用 周波数測定 1/100、1/1000プリスケーラの作り方」http://www.ddd.eek.jp/ddd/index.htm
をそのままコピーでテスターを数10Mhzまで計れるFカウンタにしました。
記事にある74LS90が秋葉でも見つけられず、宇都宮のショップで在庫全部買いました。@140円もしやがんの!!・・全部で5本でしたけど・・
果たしてどこまで計れるか・・これまたおばかなディップメータ(GDM)で計ってみました。上のコイルはGDMの別CH用コイルです。そもそもこの校正をしたくてプリスケーラをつくったのです。1/1000で7.1Mhzを見てます。3D無線クラブの工作は面白いのと無線屋の配線ですから何となく安心です。でも、工作中に74LS390のピンが2本折れちゃいまして、100円ショップのミニルーターで削りだして半田付けしました。こんな物作ってどうしようってんでしょうか?

>> 上限は・・・約60Mhz 高橋@鹿沼 2008/06/01,15:31 No.488
54Mhzを超えると怪しくなりますね。この手のTTLは23Mhzあたりまでのようなのでこのマニアックな配線で伸びてるのでしょうか?ディップメータですが、FET以外はだいたい100円ショップで間に合わせました。VCも100円ラジオの親子なんで恥ずかしくて回路をお見せできません。メーターは電池用のラジケータです。入れ物は鉄製CDケースです。VCの軸に穴が無かったのでCD板の取り付けに悩みました。ラジオに使ったのは強引に3mmの穴とタップを開けました。実は秋月で売っている1Khzから30Mhzのオシレータを使ってテストオシレータできないか検討中です。矩形波をLPF通せば正弦波になるらしいのですが、カットオフの周波数は切り替えないとだめかな?矩形波でも逆に高一ラジオだと変調なしで聴けるかもしれませんね・・・
>> 簡易デジタル表示 うーだ@茨城 2008/06/02,09:56 No.489
このプリスケを作って、古い RF オシレータをつなげてディジタル表示式に・・・私も作ってみようかな。 LS90 の在庫があったけど HCU04 をLS04 にしたら上は 20MHz くらいですかね。
自作の 2SK19 を使ったディップメータでは、RCA ピンジャックをプラグにして親指と人指し指のワンターンで 100MHz の上まで発振できたから、プリスケの上限チェックにも使えますね。 
>> 上限はテスターで決まるみたいです。 高橋@鹿沼 2008/06/02,14:45 No.490
どうも!昨日は良い天気・・今日はもう入梅前みたいですね!
このテスターは古くて取説もないのですが、確か上限が60Khzだったので、1/1000で60MHZみたいです。最初はFカウンタ作ろうかと・・実家に20年前に作った秋月のキットがあったんですが、廃棄されちゃいました。現在は売ってないので、PICとか使ってLCDに表示する記事があったのですが、これだと出来上がるのに数年かかりそうで、買うわけにも行かず悩んでました。最近のテスターが20MHZ以上のもあって、買おうかと思ったらこの記事見つけました。秋月に1kHz〜30MHzオシレータ LTC1799モジュール@600円で売ってまして、これでマーカー兼テストOSCにならないかと思ってます。GDMはちゃんとした2連の(親子でない)ポリVCがあったら・・親子だと合成Cが変な感じでCUt&Tryでコイルを巻きましたが今一つです。これでも100MHZぐらいは何とか行けるかな・・・教訓:ストレートラジオって変調かけないと良くわからないのですね・・勉強になりました。


画像タイトル:img20080514082538.jpg -(70 KB)

全GT管5球スーパ さいとう@茨城 2008/05/14,08:25 No.485 返信 (t)
しばらく前に作り始めました。
ケースの加工が終わってヒータ配線まで終えた所です。
昨夜ヒータ初点火でした。

構成は、6SA7-6SD7-6SQ7-6V6 (6X5) です。
ゆっくり時間掛けて作ろうと思います。
>> ゆっくり、は無理でした。 さいとう@茨城 2008/05/18,18:02 No.486
つい先ほど完成しました。
宇田さんのページにある調整法を参考に追い込んでみたところ
放送周波数両端で、感度をほぼ同一にする事が出来ました。
中央は…若干ズレてるかな。

アースとアンテナ1mを繋いであげると、ヘンなノイズもなく
元気に鳴ってくれます。 うれしいねェ。

という事で、来月対策だ。 早く来い来いシャーシちゃん。


画像タイトル:これでも高一か? -(104 KB)

AVC付き並四?高一? すがはら 2008/04/13,05:12 No.480 返信 (t)
宇多さん、ご無沙汰しております。
二年来の宿題の中間報告を致します。AVC付き高一は可能か?を時間のある時に実験をしています。今のところ高一ではゲインを稼ぐと発信を起こしたりして大変てこずっております。ところが並三に高周波増幅を入れると発信する事も無くゲインが稼げて曲りなりにもAVCをかける事が出来ました。写真のものは基本的に6AH6のプレート検波(一応音質重視)ですがコイルと6AH6の間に6BA6を入れて高周波増幅をさせています。それだけでは面白くないのでプレートに6CB6を入れてSRPPとしました。このSRPP一段の高周波増幅は発振等無く非常に安定していましたのでもう一段6BA6-6CB6を入れてみました。写真でもお分かりの通り二段目の6BA6-6CB6ははみだしています。AVCはダイオードで取り出しています。SRPP二段の時はAVC電圧が電波の強い局を受信するとマイナス2.8V位、弱いところで殆どゼロです。一段の時は半分位です。二段だと一番近くの局はAVCのコントロール範囲を超して音が割れます。また弱信号の局は手動でボリュームを上げねばならず今のところセミAVCです。これでも高一(二)と呼べるか疑問のあるとこです。ところで無限大インピーダンス検波はプレート検波より音が良いと仄聞した事がありますがどんな仕掛けになりますか?単なるカソフォロで良いのでしょうか?時間があれば実験の続きをしようかと考えています。
>> AVC 付きストレート うーだ@茨城 2008/04/13,11:06 No.481
すがはらさん こんにちわ。 AVC をやりましたね。 選択度が悪くなったように感じられれば、よく効いています。 

(1) 非同調検波
 検波段で同調しないから負荷インピが合わず、容易に発振しないけど、ゲインも余り稼げず SRPP/二段でもセーフなのですね。 RF チョーク負荷では発振するかもしれませんね。
 もし並三構成で選択度が不足なら、容易に発振しない軽いバッファ〜例えば SG 電圧=0 のアンプにて同調回路を二度通して逃げる手がありましょう。

(2) AVC のコントロール範囲拡大
 6BA6/6CB6 の SG 電圧をブリーダで固定せず直列抵抗にて落すと、バイアスが深くなった時に SG 電流が減って電圧が上がり AVC の効きを甘くできるかもしれません。 シャープカットオフ球にも AVC を掛ける術、cut and try ですが。

(3) 無限インピーダンス検波(大は抜きでした)
 昔の回路例がみつからず参りました。
 しかし基本的には、RF 入力をカソフォロで受けて、同調回路と検波回路を隔離しQを保つものです。 またカソフォロは電流増幅であり、その出力を二極管検波/グリッド検波するもので、二極管検波なら大振幅にも耐えるので音がよいわけです。
 そのような訳で、非同調検波には適用しません。 拙HPの「・・・の再現」にグリッド検波併用の類似例があります。   
>> 高一AVC卒業 すがはら 2008/05/03,10:49 No.482
宇多さん、コメント有難う御座います。
無限インピーダンス検波に(大)は入りませんでしたか。。。何せウン十年前に雑誌に「音が良い」と書いてあった記憶があるだけですから。
ダーラーストアーに$1でFMラジオが、$3払うとAM/FMラジオが買える時代ですからAVC付き高一は取敢えず卒業しようかと思っています。その代わり0-V-0のスプリアス無し短波ラジオが頭の中を過ぎったような,,,,,気がしました。
>> 0V0! うーだ@茨城 2008/05/03,23:38 No.483
すがはらさん こんにちわ。
 0V0 ・・・私にとって真空管いじりの原点でした。 中学生のとき UY76 単球の中波帯再生式受信機を試作しました。 コイルは鉱石ラジオ用自作ソレノイドを改造、B電源はネオン管の検電器?を搭載して AC100 を直セレンにて半波整流、ヒーター点火は鉄道模型用トランスの 6V タップ。 アンテナを接続したらマグネティック・ヘッドフォンからガンガン・・・。
 でもそのあとが大変。 短波帯 1V2 にて安定に受信できるには数年間の試行錯誤を要しました。 しかし五球スーパーより優秀でした。


画像タイトル:img20080410000713.jpg -(13 KB)

小さいけど・・写真です 高橋@鹿沼 2008/04/10,00:07 No.479 返信 (t)
ベッドラジオなんでベッドの上で写しました。左から1号機・3号機・2号機です。
前にあるのが手作り並四コイルとVCです。1号機以外のコイルは手作りです。
暇ですねぇ・・・


画像タイトル:img20080408162111.gif -(7 KB)

ラジオ深夜便それから・・ 高橋@鹿沼 2008/04/08,16:21 No.475 返信 (t)
冷たい雨と風でさくらが心配な北関東です。
決して暇じゃないんですが・・・こんなの作ってみました。
コンセプトは100円ショップとホームセンター+αで実用的なラジオを作る。
MWに関してはかなりいいかげんに巻いてもLは何とかなる。VCはダイソーの
100円ラジオ<もう手に入らないんだろうなぁ・・ついでに、電池1本でSPを鳴らして地球温暖化を防ぐ??ロハスなラジオを作ってみました。なんちゃって・・
入れ物=コイルボビンは100円ショップで売ってるCD小物入れ・・比較的やわらかくて1周が約20+15+20+15=70cmぐらいの半透明な奴を使いました。
0.5EWは職場近くのHomeCenterで@68円で売っている10mの物を1巻き半使いました。
10mではちょっと足りないのです・・VCはダイソーが品切れで近所で買った親子VC並列使用
です。出力段はブレッドボードさんのHPからいただきました。終段のVEが0.4Vで、SPは100円
ショップの32Ωですから全体でも約20mAぐらいかな・・そうそうICは丸七という別の100円
ショップ製のTA7642を使ってます。分離は今ひとつですがN*K1・2とCRT、それにJOQRが聴
こえます。JOQRはCRTに邪魔されてます。さて、ちょっとおかしな動きをします。電源ONで
しばらく沈黙の後鳴り出します<まるで球みたいです。音量は結構大きいです。
単三1本で鳴ったというところでお後がよろしいようで・・
>> いよいよ完成ですね。 うーだ@茨城 2008/04/09,03:55 No.476
こんにちは。 
N1〜CRT がシングル・バンドに納まって良かったです。
TA7642 にて結構ゲインを稼いでいるみたいですね。
2SA1015Y の動作がよくわかりません。
電源 on でしばらく・・・100uF チャージ時間?。
>> 不思議な現象・・ 高橋@鹿沼 2008/04/09,10:00 No.477
おはようございます。そうですね。へんな動作です。約5秒で聴こえてきます。
実はN1→CRTを完全に網羅してません。上がきつい・・巻きすぎ・・です。
でも、CRTはうるさいのとなんとか聴こえるのでそのままです。
石で遊んでますが、そろそろ球ちゃんが睨んでます。石でもう少し修行をつんで
・・再生とかプレート検波とか殆ど経験が無いので・・宇多さんの並三HPから
なつかしの並四コイルを作ってみました。ボビンは100円ショップの木製ボビン
確か空洞でなくても良かったと勝手に解釈して作りました。さてどうなるやら
球の方は電源もVCも確保してますので・・あっ!高耐圧のセラコンが無い・・
今時50Vばかりですね・・何とかなるでしょう・・ではまた!!
>> コイルボビンですが・・・ うーだ@茨城 2008/04/09,17:26 No.478
おばんです。 
 私はDIYで見つけた外径 29mm 長さ 68mm 肉厚 3mm のネズミ色塩化ビニ・パイプを使っています。 水道パイプのジョイントかなぁ、高いものではありません。 
 穴開けはプリント板用ドリル、リュータで 1mm の線通し穴、普通の 3mm で卵ラグを止め、スタンド用のタップを切ったL型ラグ・・・西川ネジにある・・・を二個止めて、シャーシに立てました。 


画像タイトル:img20080330112814.gif -(10 KB)

超三ラジオ深夜便4+ 高橋@鹿沼 2008/03/30,11:28 No.472 返信 (t)
おはようございます。都内はもうさくら満開でしょうか?年度末+で出勤です・・・。CRT栃木放送トラップやってみました。結構苦労しました。
@最初はLCとゲートの間に並列共振をかましたのですが・・発振で惨敗。
A回路がかなり微妙なのでFBとかRFCとかやったのですが、悪化の一方・・。
B宇多さんのアドバイスを発見し、カソフォロの後に並列かますも発振器・・。
C直列でなんとかなったのですが、1Mhzあたりで不安定になり、1.5Mhzあたりで発振します。そこで、タップを利用して、2CH化して、VCのトリマを使ってLowの上端でなんとか発振しないように逃げました。
D15KhzのLPFも付けましたが、若干音がつまらなくなりました・・・
結果ですが、HighCHで昨夜はJOQRだけでなくRKB毎日や民放各局(最近IDなかなか出してくれない・・)やハングルとマンダリンも聴けました。そして、フェージングと分離が悪いだけじゃないQRM(?)も体験できました。CRTは問題なく聴こえます。
LowCHでも最初はイメージかと思ったのですが、NHK2の地方局がしばらく聴こえました。こいつはおもろいですね!自作いいかげんコイルでこんなに聴こえるとは・・今VCを自作できないか本気で考え始めました。
>> なるほど・・・ うーだ@茨城 2008/03/31,09:16 No.473
せっかくの桜が雨にぬれています。 いろいろ実験されて完成、お疲れ様でした。
● トラップは、ハイインピ「拒絶」より、ローインピ「吸い取り」が、安定という訳ですね。 
● ループアンテナのタップでバンド切り替え・・・ C+でFをさげるよりLを増やす方がF幅もとれ、L/C比が大でゲインもとれて正解です。
● VC の自作・・・アルミ板二枚をフィルムを挟み、水平にして上の一枚をずらすのがよさそうですが、機械精度がうるさそうです。 または固定で、すこし曲げておき重しをのせるか蝶ネジで締めるのは如何?、C幅が取れないけど・・・
>> おはようございます 高橋@鹿沼 2008/03/31,10:21 No.474
また寒い雨・・ちょっとみぞれっぽかった・・が降ってる北関東です。
今回は書類入れの籠のふちをLとして、真ん中あたりにVCとか回路を収めたのでシールドが皆無ですから発振しない事がラッキーでした。ですからトラップとかは微妙に影響したのだと思います。出力も100円ショップで買ったピンジャック+ケーブルをそのまま引き伸ばしてますから、普通の製作記事にあるそのままSPやイヤホンを鳴らすのとは勝手が違いました。私も50代になって目が見えない、手が動かない、耳が??など、そろそろボケが始まってます。ボケ防止にはラジオが良いですね!・・と思ったら、そういった中高年が増えてるそうですね。
VCですが100円ショップでアルミの分度器を見つけまして、これを可動部分にして静止部分を銅板かなんかで・・・結構難しそうですね!PEND・・
今やりたいのは今回我らが2SK30がMWなら問題なく動きそうなんで、241の代わりになるかとか、CMOSインバーター74HCU04だけでSPまで鳴らせないかとか・・・忙しいのにそんな事考えてます。ではまた


画像タイトル:img20080328123038.gif -(6 KB)

超三ラジオ深夜便3+ 高橋@鹿沼 2008/03/28,12:30 No.467 返信 (t)
2号機にFETのSF+検波段のトランス負荷やってみました。音はものすごく大きくなり・・発振気味・・JOQRが受かりました。回路の定数怪しいですが、昨夜は西武と日ハム戦聴きました。CRTが邪魔で強すぎて発振します。VCのトリマで追い出しましたがトラップを考えてます。FETは手持ちの2SK30AYです。トランスは以前ヤオフクで1箱買ってしまったTR用をつかいました。ST30の代わりです。回路定数などアドバイスいただきたくお願いします。そのうち写真出しますね!
>> 調整中に気が付いたのですが・・・ 高橋@鹿沼 2008/03/28,12:41 No.468
これはA4書類を納める文具用の書類かごの周囲にUEWをまいてVCと回路を中心あたりに置いたものです。これを1号機の上で調整してましたら共振するとゲインが突然上がりました。LCのQが上がったのでしょうか?これならパッシブ路線も良いかもしれません。それと約5km先のCRT(5KW)はやはり邪魔です。夜間になるとJOQR以外にハングルが聴こえました。ひょっとすると1100Khzあたりで発振気味状態になり一種の再生検波状態なのかもしれません。ノイズが上がってJOQRあたりでぽこっと浮かび上がる感じで入感します。CRTトラップをTR用のOSCコイルに47PFを抱かして作れないか検討中です。・・結構面白いです。
>> ほとんど成功です! うーだ@茨城 2008/03/28,16:54 No.469
こんにちは。 FET はハイインピだから、本来の Q が活きたのですね。

(1) 検波段のコレクタ〜オーディオ出力の配線が同調回路に接近すると、再生発振が起きそうですね。 コレクタに 100pF-4mH-100pF くらいのパイ型 RF フィルタを入れると、安定するかもしれません。 また、検波段入力 C (0.01) を減らして、感度と安定度を兼ね合うのも手でしょう。

(2) L/VC にて CRT 局が細小になる点に半固定がよいかもしれません。 並列共振回路のトラップ(ハイインピ)を RF アンプのソース入力に直列にいれて阻止するのかなぁ?    
>> 早速ありがとうございます! 高橋@鹿沼 2008/03/28,18:05 No.470
トラップの件はTRのOSCコイルが243〜525μHらしい・・100円ラジオのやつで、VCがほぼ普通のトラレスVCと仮定してですが・・・ので、約30PFで目的の周波数となります。トランスのホット側にFB801でも付けると少しは安定するかな?何とかがんばってTBSが受信できると良いのですが・・・AMラジオは民放キー局がやはり面白いですね!N*Kで存在価値があるのは教育と深夜便とお相撲だけのような気がしてます。民放キー局はさすがに良くできてます。でも・・野球シーズンですねぇ・・音楽番組が少ないのが玉に傷です。昔はN*K第一と二でステレオ放送とかやったのに・・残念ですね。
>> OSC コイル うーだ@茨城 2008/03/29,14:22 No.471
その OSC コイルは 243〜525μH もの幅で・・・二倍まで可変ですね? Cは固定でも周波数は 1.4 倍まで可変だから、VC での調整は不要ですね。

トラップの入れ場所ですが、ソースフォロ〜検波段入力の間に並列共振回路を直列にいれるのはどうでしょうか?。 ただし B-E 間および 4.7kがあるから Q ダンプされそうですね。


画像タイトル:img20080317113420.gif -(8 KB)

超三ラジオ深夜便2+ 高橋@鹿沼 2008/03/17,11:34 No.463 返信 (t)
おはようございます。やっと暖かくなりそうな北関東です。
さて、色々お世話になったストレートラジオですが、ちょっとわかった事があります。それは。このエリアはCRT栃木放送が極めて強いエリアらしいのです。
メインの放送所は・・鹿沼市深津2525・ ナ5KW・・直線距離で5Kもないところじゃないですか・・なぜわかったかと言うと、(調べりゃいいのですが)最初は上のFETタイプを調整したとき、バーアンテナを真上にしたとき、CRTが一番きれいに入りました。次に河内@千葉さんタイプの縮小版をA4トレーにUEWを巻いてループアンテナ状の同調器に下の図のTR検波版を作って調整してみますと、巻き過ぎでCRTはNG・・VCは100円ラジオのやつをパラ・・タップを付けますと何とか間に合いましたが、調整中にタップを外したら・・えらい音量でローカルネタが・・・そういえばあの辺に変な施設があったよな・・普段AM・・それもローカルを聞かないからでしょうね・・・
ところで、FET版は住宅健在のL型フレーム?に付けて、超三生板ラジオに固定しました。良い音ですが感度が今ひとつ・・ゲートに入れた発振止めの1Kが大きいのかな・・・それでTR検波版を試しに作ったのですが、こちらの方が音が大きいのです。音質はちょっとジャリジャリしてますし、インバーターの蛍光灯からもろに影響をうけるんですが、まぁま実用になります。TR検波は増幅もするのかなぁ???・・このあたりどなたかご経験はありますか?おしえてくらはい・・RF部の球化はとっくにあきらめました。<ごめんなさい。
>> ベース検波? うーだ@茨城 2008/03/17,14:14 No.464
 暖かくなりましたね。
 さて2号機を見ていると、E-B 間がダイオード検波として動作し、そのまま増幅して、真空管のグリッド検波みたいな感じです。 ただしCが大きいからバイアスが効いた状態ですね。 Cを減らして自己バイアスの 1.2MΩを加減すると良いポイントがあるかもしれません。
 エミッタをコイルのタップにつなげ、コレクタを微少Cで接地したら再生が掛かりそう。 エミッタに直列の VR を入れて加減するのかな、と思います。
>> やはりBE間の検波ですね 高橋@鹿沼 2008/03/18,11:39 No.465
あの寒さは何だったのか?の北関東です。
宇多様:
回路図ちょっとBUGってまして、2号機ベースへの入力はタップからです。まぁ手巻きですから帰還用に2次側を巻いても良いかな・・でも、目的は良い音ですから兎に角ストレートでやりたいと思ってます。
こんなHPがありまして、この学校(研究室)は面白いですね。
http://scw.asahi-u.ac.jp/~sanozemi/Sakuhin/radio07/radio.html
「トランジスタ検波回路の特性に関する実験」となってまして、Gainを求めなければEC1V以上も面白いですね!1号機は安定してるのですが、Gainが足らず、2号機は音的に今ひとつ、Qが低いからか分離が悪いです。考えてみるとヘテロダインって歪の塊ですよね?IFのフィルターも帯域内のハンプも全て歪の塊かな・・そうするとストレートは・・検波が問題かな・・でも明らかにスーパーと音が違うので・・スーパーの音って二日酔いで遅く起きたどんよりした頭みたいで嫌ですね・・昨夜はマリア・カラスやってたけど良いですね!でも音楽番組無いですね。・・ではまた!
>> バッファ・アンプの追加 うーだ@茨城 2008/03/19,08:26 No.466
すこし寒さが戻りましたね。 以下は単なるアイデアですが・・・

●一号機:RF amp ソースの 2k は高過ぎかもしれませんね。 さらには倍圧検波の前にソースフォロワ一段のバッファ・アンプを設けて、RF amp の負荷を高く保ち、検波入力電力を増やすのは如何?・・・もはや RF 二段ですが。

●二号機:RF バッファ・アンプとしてソースフォロワ一段を設け、その出力を Tr で検波増幅させたら如何でしょう?。 Q低下が回避でき選択度が改善されるかも。 実際に球式の「高一」にて、三極管カソフォロ駆動によるグリッド検波回路を実験して、選択度改善効果を確認しました。


画像タイトル:img20080301040333.jpg -(31 KB)

超三ラジオ深夜便 高橋@鹿沼 2008/03/01,04:03 No.459 返信 (t)
おかげさまでとりあえず鳴りました。RFは正直ですね。LCが決まらず結局単連の260PFとそれようのANTコイル購入しました。栃木放送が1530KhzでNHKと綱引きになってしまいました。パイオニアのチューナーと聴き比べましたがストレートは音がいいです。でもちょっとゲインが足りません。まぁ深夜便を聴くには良いけど・・・構成は・・・
2SK241-Di倍電圧検波-<ここからAMP>-2sk30AY-6AW8A(t)-6AW8A(P)-SP
電源は超三の初段TR実験用にSiDi×3の1.9V電源にケミコン抱かしてフロントエンドに供給してます。このFET版は試作なんでちゃんと作り直します。コイルとVCの配置に苦労しました。ダイソー100円ラジオのVCはかなり小さい物で大きいほうで150PFぐらいですね。・・さぁ球にできますでしょうか?バーアンテナだけでも受信できます。電源が2Vになったので動作は安定してます。・・面白いですね!
>> 綱引き? うーだ@茨城 2008/03/01,10:45 No.460
 安定に受信できて良かったですね。 ところで「綱引き」って、放送局の方角がマチマチで受信の都度バーアンテナの向きを変える必要があることですか? それならスロープ混信から逃げられるから好都合です。 前面のツマミでバーアンテナを回すメカを作れば、方向探知機みたいでカッコウイイですね。 
 関東地区の放送を完全受信するような選択度と感度をもとめなければ、球で同じ回路構成としてもOKでしょうね。 私は栃木放送が強すぎるなら、アンテナにトラップを入れる必要があるかもなんて、ムキになって考えていました。
>> 格好いいですね 河内@千葉 2008/03/02,11:34 No.461
真空管式、私も作ってみたくなりました。
大昔(35年ほど)並4を作って祖母に聞いてもらってほめられたことがありました。ラジオがそれ以来大好きです。その頃は部品の入手が困難で、トランジスタに恐れというか、畏敬の気持ちを持っていました。半田付けで壊れるんだとか。真空管も、トランスから煙が出たり、真空管のソケットがショートして焼けたり、技術と部品と半田など良くなかったんでしょうね。
というわけで電子工作を再開した数年前から半導体をいじることが多くなっていますが、意外と壊れないし、適当でも鳴るもんだなと認識しました。真空管でも作ってみたいと思いました。
>> 良い天気です! 高橋@鹿沼 2008/03/02,15:35 No.462
風も収まったので森林浴+おそばを食べに宇都宮の森林公園へ行ってきました。ここ数日ラジオでこもりきり<健康には注意しましょ!
宇多さん:
綱引きとはNHKとCRT(栃木放送)でVCの容量から帯に流したすきに短し状態になって仕方なしにVC(1連ポリ260PF)とコイル(ラグ端子付)を買ってきたのでした。実は2.7mHのRFCが断線してしまい、これも加わって不安定動作がよけいわからなくなっちゃいました。AF段超三にすると良いですよ!つまらないSPでもスッキリした高音が出てきます。それにスーパーは中音域が強調(3Kですからねぇ)される感じがするんですが、これには無くて、音楽+ナレーションがちょっと聴きにくいときがありますが疲れません・・これ案外お勧めです。アドバイスありがとうございました。
河内@千葉さん:
写真見ました!スケールがでかいですね!どこかのHPでA4サイズのループアンテナがあったので100円ショップでそんなトレーを購入してみました。でも大きくないと・・だめかな・・AMチューナー構想が芽生えまして、私のところからはNHK@A、CRTのみ聴こえるプリセット型にして、セット+アンテナを向ける形でできないか、今日はダムの周りを散歩しながらブツブツ考えていました。この部分は球にする必要がないので、電池駆動+FET+音の良い検波回路+良質のCでやると良いかもしれませんね!アンプは球でもICでも・・なんてね。
ではまた!!


AM放送について 高橋@鹿沼 2008/02/28,09:49 No.450 返信 (t)
まだまだ肌寒い北関東です。
ちょっと御うかがいしたいのですが、当方栃木県の鹿沼市在中なんですが、
>小型の超三アンプ+簡単なAMチューナーで「ラジオ深夜便」を聴きたいとおもい、簡単な高1ストレート(FET)ラジオを作ってみたのですが、肝心の国営放送局が聞こえず、ローカルの栃木放送が受かるのですが、入感最大にチューン
すると無音時に「ヴォー」というハム音(?)が聴こえるのです。これは何が原因でしょうか?何処かのHPで読んだ気がしたのですが・・・単に入力が大きすぎ
るのでしょうか?一種の回り込み?・・簡単かと思いましたけど、結構難しいですね。<AMチューナー
>> Re: AM放送について 粕谷@江東区 2008/02/28,14:06 No.451
高橋@鹿沼さんこんにちは。
同調ハムがまず頭に浮かびますが、これは真空管ラジオ特有の現象かもしれません。
FETラジオは乾電池動作ですか?
また、他のラジオではいかがでしょう?外部ノイズとの原因切り分けになります。
>> 「ヴォー」 うーだ@茨城 2008/02/28,15:54 No.452
こんにちは。 
RF 増幅回路〜検波回路とか、同調回路の挿入場所とか接続が不明にて、想像の域を出ませんが・・・モーターボーティングみたいですね。 大入力にて検波段が暴れのかなぁ。 デカップの時定数を大にしてみますか。 
>> resありがとうございます 高橋@鹿沼 2008/02/28,17:59 No.453
いや・・結構苦労しますねぇ<AMチューナー
ラインアップは・・大げさですが・・
-L330uH-VC330PF-2SK241-Di-<ここからAMP>-2sk30AY-6AW8A(t)-6AW8A(P)-SP
アンプは超三です。Lはマイクロインダクタと自作スパイダーコイル、Diは昔
買っておいた物で、ゲルダイかな?・・電源は電池です。他のラジオではお寺でGetしたFRG-7でも同様にボーっとしてます。職場・・宇都宮・・でデジタル制御
の今時ラジオではわからない・・イヤホンでは聴こえません。
肝心のNHKは聴こえません・・スパイダーコイルを触ると音量が上がりますが、発振気味になる。VCもお寺のバザーでGetの320PF2連です。
都内だと超三初段のゲートを触るだけでラジオが聞こえそうですが、田舎は難しいです。手持ちのパーツは100円ラジオのVC、ANTコイル、OSCコイル等あります。球は6AW8Aですが、6ZP1+6ZHD3Aに切替予定です。<例の超三です。
バリコンのねじが古い規格で切り直したりしてます。手持ちに国産?2連ポリバリコンがあります。これは430PF×2なのかな?NHKが聴けないのはLC要因みたいです。とても球まで行けそうに無いですね・・スーパーだと面白くないし・・・
ところで、球の検波ですが再生は無しにして、グリッド・プレート・無限インピ
とかありますが、音が良いのはどれでしょうか?
ではまた!
>> 入力がたりない? うーだ@茨城 2008/02/28,19:24 No.454
(1) 入力が不足?
アンテナは同調コイルの下から 1/8 辺りにつなぐローインピか、小Cでホット側に結合したとして、そのLCなら、500kHz-1500kHz はカバーしまね。 アンテナなしではスーパーローカル以外は無理かもしれません。 

(2) 発振気味とは?
回路を想像するに、同調のホット側を K241 ゲートに入れ、ドレーンには数mH のCH 負荷、カップリングC経由で GeDi +R負荷でグランド?、AF OUT にはRF カットの200pF-10k-200pF の πフィルタを入れないと、RF が残って超三結アンプで増幅して発振しそうですね。  

(3) 真空管検波
五極管の再生検波だけではゲインが足りないでしょう。 高周波一段としても非同調検波では厳しいから同調したいです。 同じ仕様のコイルを作って、高周波増幅の出力を結合させて・・・トラッキングが必要です。 プレート検波が無難ですが、カソフォロ検波(無限インピ検波類似)も面白いです。
>> 2sk192でやっています。 河内‘千葉 2008/02/28,19:45 No.456
ほとんど同じ構成で2SK192Aで作って現用しています。コイルはループアンテナで46センチの四角枡です。ポリバリコン2連パラレルで、チューニングは適当にタップで合わせています。千葉の郡部なので似たようなロケーションではと思います。プリアンプ、メインアンプの構成で、FMチューナーとあまり変わらない(つもり)の音質かなと思っています。ボリュームを上げるとハム音が出ます。以前、AM,FMチューナーを使っていてAMを聴いていてチューナーの後ろにバーアンテナが付いていたのですが、そのときはずっと大きなハム音がしていました。何か、AC100Vのラインから入るのかなと思っていましたが、チューナーで、ラックからずらせなかったのでなかなか解決できませんでした。ループアンテナのものはスピーカーの上に置いていて、ほとんどそのハムからは開放されたのではと思っています。何かのお役に立てればと思います。電池駆動です。
音はいいと思います。
>> 貴重な情報ありがとうございます 高橋@鹿沼 2008/02/29,10:56 No.457
今日は暖かくなるそうですが、週末は雪かもしれない北関東です。
うーだ@茨城様:
とにかく栃木放送がものすごく強いです。スパイダーは上を向けると安定します。アンテナは無用です。コイルを触ると発振する場合があります。
AM検波については小生が触れた頃、既にSSB時代で過去の遺物的存在でした。これからいじってみます。こんな工作小学生以来で人間の成長なんてこんな物でしょうか・・でもボケ防止にはアンプより良いかもしれません。
河内‘千葉様:
貴重な情報ありがとうございます。気になって昨夜から車も家でも栃木放送を聴いてみました。小さなラジオではわからないのですが、無音時のハム音がありました。複数のアンテナから送信する場合、同期がずれると10Hz程度の雑音が出るとどこかに書いてあった気がするのですが・・栃木放送はそんな事してないだろうから、単に音が悪いのかな?現在ご使用のアンテナに興味があります。落ち着いたらやってみます。その時はまたよろしくお願いします。
>> 以前のスレッドに写真があります。 河内@千葉 2008/02/29,21:34 No.458
No.409に写真があります。2sk192の間違いでした。当たり前ですが、コイルを2重に巻いてと思ったのですが、高1では発振するなと思い、副同調(?)にして感度アップを狙いました。小さなアンプとスピーカーも付けたのですが、アンプの入力抵抗が低いのか、うまく動作しなかったので、プリアンプにつないで聞くようになりました。ご覧になってください。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 24 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!