画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

球アンプ分科会掲示板(QRPアンプ)


   ページ指定:[ 1 . ]


画像タイトル:img20020921125940.jpg -(85 KB)

SW電源搭載超3結差動PPアンプ ARITO 2002/09/21,12:59 No.267
が組みあがりましたので写真を取ってみました。 QRPアンプでは
ないのですが、小さくまとまってはいるんじゃないかと...
>> 電源はアレですね タムさんす 2002/09/22,01:05 No.269
田村です
電源はイチカワのSW電源ですね。
レギュレーションとかノイズは如何でしょう。(ノイズは出ても聞こえないと思いますが・・)そう言えばトラギの10月号に谷口さんこの電源の事書いてましたね。見ましたか。
>> 電源はイチカワさんのです。 ARITO 2002/09/22,15:43 No.271
ノイズは確かに聞こえませんが、少ないとは言えないようですね。
はじめにバラックで組んだらアンプのノイズが約2mVだったので
フィルタを強化して300μVにまで下がりました。次にシャーシに
入れると、コモンモードのノイズのせいだと思いますが約700μVに。
測定器の10〜80kHzのフィルタを入れると約300μV、
JIS−Aだと約30μVってところですから、やはりスイッチングに
起因するノイズはかなり多いようです。
また、ラッシュ電流を制限する回路や素子が全く無いので、電源をパラにして
電源を入れると125V5AのスペックのSWが一発で溶着してしまいました。
今はパワーサーミスタを入れてます。

谷口さんの記事は読みましたが、紙面の都合か、殆ど回路について触れられず
仕舞いでしたね。もっとノイズや効率などの測定結果を発表して頂きたかった
です。回路図に誤植がありますので、お気をつけて。
>> 意外とノイズが多いようですね タムさんす 2002/09/23,22:11 No.272
田村です。
意外とノイズが多いようですね。フィルタは何処に入れたのですか。電源の後ですか。この手のノイズですが厄介ですね。すぐに飛びつくので落とし難いですよね。それから、レギュレーションは如何ですか。
>> 増強したフィルタは ARITO 2002/09/24,08:20 No.273
B電源の3.3μのコイルを470μに、ヒータ電源をバイアス用の−電源にも
共用しているのですが、これに330μ(L)+220μ(C)を追加し、
±18Vを+36Vとして使用しているところに220μのCを追加しています。
これでノーマルモードのノイズははかなり下がりました。 レギュレーションに
ついては、差動PPアンプですので何とも申し上げられません....
>> 無題 Murashima 2002/09/24,21:54 No.274
さすがARITOさん、QRP該当機も楽しみにしています。これからは真空管の電源はスイッチングが主流になるのではないかと予感します。エッ私のアンプはまるで「アヒルの学校」ですか?ドンマイドンマイ(WORRY ABOUT?)。
>> スイッチングレギュレーター タムさんす 2002/09/26,00:35 No.276
ですが、私も真空管用のレギュレーターを一台持っています。仕事の関係の電源屋さんに頼んで特別に作ってもらったやつがあります。なんでも、共振型SWレギュレーターというものです。共振型ですがノイズが極めて少なく医療機器や測定器用として使われている電源とのことです。最近使ってませんが、今度出して使ってみようと思ってます。瞬間的にKWを出せるそうで、出力側にヒューズが必要です。イチカワさん共振型出さないかな。
>> 共振型のスイッチング電源を ARITO 2002/09/26,18:11 No.279
搭載したアンプを作ったことがあります。これは某Y社さんが昔売り出した
HICを使ったものです。レギュレータではないのですが、インピーダンスが
低く、瞬時だとkWオーダーの電力が搾り出せるものです。田村さんのと
同じHICを使ったものかも。
http://www1.odn.ne.jp/~ces58160/tubeamp/6ck4/6ck4.html
>> あら同じですね タムさんす 2002/09/26,22:30 No.280
ARITOさん、同じHICです。よく入手できましたね。メーカーはYさんです。このHIC元々PAアンプ用だったようですが、軽くなるので売れなかったようです。(重いアンプが良いと思っている人多いみたいです)それで、測定機用に転用した様です。今では作っていないみたいです。
>> あのHICは10年程前に ARITO 2002/09/27,10:00 No.281
Y社さんが直接勤め先に売り込みに来られた時に入手したものです。
5年ほどほったらかしにしていたのですが、やっと日の目を見たものです。
このHICはトランスの漏れインダクタンスを利用して共振させているので、
出力規模が決まるとスイッチング周波数が大体決まってしまうとか、
定電圧化が難しいとか、一般的に販売しにくい等の問題も大きかったようです。
でも非常にノイズが少なく、低インピーダンスなのでパワーアンプなどには
使いやすいものです。私が作ったのは定数などを追い込めていないので
ノイズはそれほど少なくありませんが、プロが作った電源ならかなりノイズは
少ないはずですので、ぜひともそれを搭載したアンプを作ってください。
>> 一度作りました タムさんす 2002/09/27,18:28 No.282
5年ほど前ですが、一度この電源を使って6BQ5PPを作りました。パワーは取れましたが回路の問題で音はいまいちでした。以後使い道を考えていますが、今のところ見つかっていません。何か良いプランは無いでしょうか。その上、QRPとか言っているぐらいですからパワーもいらないし・・・
勿体無い話です。
>> あのHICをQRPアンプには ARITO 2002/09/27,20:10 No.283
持っていき難いでしょうね。なんせ連続200W、瞬時なら1kWの出力が
可能なのですから。電源ユニットとしてもかなり大柄になるでしょうから。
ちなみに私も6CK4アンプに使った電源をもう一つ持っているのですが、
どう使おうかが長年の懸案事項です。今までに浮かんだアイディアは
2A3差動PPステレオ、6DQ5UL差動PPステレオ、6JS6Aプッシュプルなどです。ちなみに6CK4アンプの時に6L6UL差動PP、
KT88UL差動PPも試してみました。KT88の時はIpが一本あたり
110mAですから、実に300V、440mAの出力を連続して取り出したことも
あります。
>> QRPに使うと タムさんす 2002/09/28,21:47 No.287
いっぺんに20台ぐらい動かせそうですね。
シングルでは、急激な容量の変化が無いので面白くないでしょう。すると、PP、しかもABかBでないと真価を発揮しませんよね。KT88は高いし、EL34で4パラとか・・・もつと外道な球を捜すか・・・難しいです。

低能率のスピーカーが必要ですね。


[返信しないで戻る]