トータル085731 -今日0010 /昨日0059

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

球アンプ分科会掲示板(QRPアンプ)

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 ]


画像タイトル:img20021027080330.jpg -(74 KB)

プリアンプはこれです Murashima 2002/10/27,08:03 No.363 返信 (t)
 田村さん、おはようございます。昨日はスピーカーの搬入でクタビレテ早々に寝てしまいましたので返事は今日になりました。お尋ねのプリアンプですが自分は写真のような山水のPCMプロセッサーをプリアンプとして使っています。そしてご覧のようにゲイン調整のつまみは「8」の位置で通常聴き易いレベルとなっています(かなりアンプのゲインが低い証拠ですね)。
 それから、5極管はそうですね電圧が低いことで本来の性能が発揮できませんね、かえってSGやSPGは電子の流れを邪魔しているだけの存在のようです。
でも考え方によってはまた新たな発見があるかも知れませんので諦めずにやるつもりでいます。
>> ちょっと安心 タムさんす 2002/10/27,15:37 No.364
村島さん、こんにちは。田村です。
こちらの実験と一致したのでちょっと安心してます。同じぐらいのゲインの様ですね。
5極管ですが、入力用の小型管は使えないかも知れません。最もカソードに近いG1のピッチが細かいのだと思います。6AN5とかある程度出力の取れる球を試してみようかと思っています。
それから、PCMプロセッサ懐かしいです。下のビデオデッキは録音用ですね。


画像タイトル:img20021026232348.jpg -(31 KB)

5極管の低電圧動作 タムさんす 2002/10/26,23:23 No.361 返信 (t)
皆さん、こんばんわ。田村です。
6AS6は不発だったので、いろいろと試してみました。
6AK5とか6EV5stcなど手持ちの小型管を一通り試してみました。
結果は6AS6と同じで、電流不足です。音は小さいけどちゃんと鳴ってはいますが、音は大きくならないですね。(UL接続とか試しましたが結果は同じでした)
仕方なくあきらめて、三極管に挑戦してみました。うーむ、明らかに出力はぜんぜん大きいですね。同じT7でもメーカーが違うと出力がぜんぜん違うのが面白いです。写真ではサンスイトランスを使っていますが、このあと、イチカワの大き目のトランスを繋いで見ました。低域もちゃんと出るし、音は確かに小さいけれど十分に聞けます。夜中だとこれで十分かも知れません。
それから、サブミニも試してみました。ちょっと発熱は多いですが、音は良いみたいですね。小型のヘッドホンアンプにちょうど良いですね。(もちろん電池)
さて、実験が終わったのでシャーシに入れてみます。
>> 追加です タムさんす 2002/10/26,23:25 No.362
書き忘れです。
村島さんに質問。
ゲインが非常に小さいです。そちらではプリアンプどんなのを使って、ボリュームの位置はどんなもんですか。


Re.こりずにやってます kuro2*@福山 2002/10/22,20:19 No.359 返信 (t)
Murasimaさん こんばんは
ずいぶん 楽しそうですね。
真空管の箱に アンプですか、とても考え付きませんです。
此処まで小さく出来るとは うらやましいです。
なんだか 昔の グリコの おまけ のようで 懐かしい雰囲気ですね
本日829Bが 届きました、小さいのだろうと思っていたのですが
あまりの大きさにびっくりです。これでQRPでもと思ってたのですが
これは 外道行きでしょうかね。
では では
>> そうですね Murashima 2002/10/23,00:12 No.360
 小さいアンプの追求がなかなか面白いです。これはそれほど工作が難しくないので楽しいですよ。黒木さんもどうですか。ただしハンダゴテでかなり内側は焦がしてしまってます。さて今度はグリコの箱で作りましょうか。
 それから829Bですか、私はまだ使ったことのない真空管です一回り小さい832Aならありますが、この手の球は構造上使い方が限定されてしまうのでちょっと初めての人には難しいかも知れませんね。


4HA5について教えてください 高橋卓也@小平 2002/10/22,00:13 No.354 返信 (t)
村嶋さん みなさん こんにちは
Pinout type 7GMの6ピン、電極略号IS(S)はどのようなものなんでしょうか?
このピンはどのように使われるのか教えて下さい。
>> ついでに・・・ 高橋卓也@小平 2002/10/22,00:31 No.355
正式な名前かはわかりませんが、ゲッタとは何をしているのでしょうか?
上部にあったり、わきにあったり、下にあったり、形も様々です。
また、ゲッタの位置により、音質に影響あるのでしょうか?
ソブテック6SN7を見てますと、下から丸い円盤がついています。
>> Isの記号について Murashima 2002/10/22,05:58 No.356
 高橋さん、おはようございます。真空管のIsの記号の意味ですが、これは内部シールドの意味です。よく複合管の左右の中間に入れてある金属の板とすれば理解も早いのですが、4HA5は複合管ではないですよね。ではどうしてということですが、4HA5は本来高周波で使用する球です。高周波での性能をきめるのにアノード(プレート)とグリッド間の容量を出来るだけ小さくする必要があるために入れられているシールドです。確かに4極管もその目的でスクリーングリッドが入れられていますが、あくまで3極管の特性を活かすためのものと思われます(詳しくはわかりませんが)。容量を減らすためにこのシールドはカソードからの電子の流れをアノードの中心へ集中させています。4HA5の左右のアノード(プレート)をよく見ると中心部がクボンデいるのがいるのが見えると思いますが、そこに電子が当たるようにして余計なところに電子が行かないようにしています(つまりアノードからグリッドへの余計な帰還を阻止しています)。でもオーディオ域ではあまり影響はありませんので、特に使わなくてもよいものです(私のアンプでは使ってありません)。
 それからゲッタの意味ですが、これは簡単いうと真空管の意味である真空を作り出すというか維持するものです。なんで真空管の内側に変な黒いものがあるかといいますと、真空管が動作(電子が流れる)するとどうしても電極の金属からガスが発生してきて(カソードは酸化物で分解時酸素を出します、その他の電極では電子との衝突でガスが出ます)真空度を下げてしまいます。そこでその不要なガスを吸収させるために主にバリウムを使っています。真空管の内部が黒いのはこのバリウム(実際はアルミ、ニッケルとの合金)を製造課程で加熱して蒸散させたものが真空管の表面についているものです。
 ところでこのゲッタの位置で性能が変わるのかといいますと、それはよくわかりません。メーカーによってガスの発生が多いところに近づけているようないないような?自分としては位置ではあまり音質に影響がないように思いますが。
>> ありがとうございます 高橋卓也@小平 2002/10/22,13:36 No.357
村嶋さん 詳細な説明を頂きありがとうございます。双局管では真中に破線(構造ではなく、内容図の絵には)があり、それと同じような機能であること、わかりました。あいにく4HA5の手持ちもなく、構造写真も見たことがないので、中心部のクボミは現物確認できていません。
ゲッタなんですが、動作は理解できました。ただ、ゲッタそのものはどこかの電極というか、構造上、固定されているように外からは見えますが、どこかに繋がっているのでしょうか?また、吸着能力は永久なんでしょうか?フィラメントの寿命が管の寿命と考えていいのでしょうか?
基本的な質問ばかりですみません。
>> ゲッタの取付け位置について Murashima 2002/10/22,19:59 No.358
 どうも、こんばんは。Isについてはご理解願えたようですね。さて、ゲッタのつながっている位置はどこかということですが、MT管ではIsつまり内部シールドがある場合はその電極に、ない場合はアノード(プレート)電極に(3極管)に、そして5極管は第3グリッド(ビーム管ではビーム形成電極)という具合につながっています。ということであまり本来の動作には影響がないようにしているみたいですが、特にここでないとダメというようではないようですね。
 そしてゲッタは永久かといえばそうではありませんね、やはり限られた空間に限られた量でしかない以上は全てのガスを取りきれないでしょう。よく中古の真空管では黒い部分が小さくなっているものや消えているものがありますが、こうなるとガスをとりきれないため真空管そのものの動作能力が下がっているという意味で健全な真空管を求める時の判断材料になります。しかし中には立派に黒いのに全然gmがない(真空管の動作をしない)ものもありますのでチューブチェッカーで確認するのが賢明でしょう。真空管は不思議なもので見た目はまったく異常がないのに動作しないものもあるということを覚えていた方が良いでしょうね。尚、高橋さんこのような質問は「手作り掲示板」でされた方がもっと詳しく教えて戴けると思います。では。


画像タイトル:img20021020123412.jpg -(75 KB)

懲りずにやってます Murashima 2002/10/20,12:34 No.350 返信 (t)
 みなさん、こにちは。天気の悪い休日はアンプを作るに限る!ということで作ってしまいました。以前に作ったものと並べてあります。今回のは一番左の山水のトランジスター用トランス(ST−48)の空き箱と、右から2番目の東芝の真空管の空き箱を使ったアンプです(よくまあ飽きずにやってます)。このアンプはつまりシャーシに紙を使っていることが特徴です。このため加工が非常に楽で、まるでアンプを作っているという感覚にはなりませんでした。紙といってもこのウルトラQRP低電圧使用では発熱が少なく問題ありません。山水の空き箱には6922、そして東芝の空き箱には5M-HH3を使ったステレオアンプです。今5M-HH3のアンプを鳴らしながら書き込みをやってます。どうです、ちょっと真空管のアンプの固定概念を外してみたら面白いものができますね。みなさんも是非どうぞ。   さて次はオムロンの箱で・・・・・・・・・


画像タイトル:img20021020004202.jpg -(46 KB)

30Vの音は・・ タムさんす 2002/10/20,00:42 No.342 返信 (t)
村島さん、皆さん、こんばんわ。田村です。

私も作ってみました。6AS6を30Vで動作させて見ました。
トランスはST−81(手持ち)6VのPDA充電用の電源にネミックの±12V−DCDCコンを24Vで使って6V電源に乗せて30V出しました。
回路は3結だと面白くないので、5結にして、プレートからG3にNFを掛けてゲインを約25倍にして使っています。
さて、肝心の音ですが、うーむ、小さいです。(あたりまえか)能率が良いと思っていた平面SPですが、のこクラスだとさすがに厳しいです。只、聞けない音ではありません。(ボリューム上げすぎですね)バランスも悪くないと思います。たぶん、ヘッドホンアンプなら文句無しでしょう。低音も出ています。明るく軽い感じの音です。クリアで粘性は全くありません。うーむ、アタックもちゃんとあるぞ。・・・6AS6−16パラとかやってみたくなります。この球結構高いので・・困った困った。
村島さん、低圧動作面白いです。
>> 6AS6なら 小川 2002/10/20,06:47 No.343
キョードーで100円で売っていました。
>> 100円ですか タムさんす 2002/10/20,09:48 No.348
うーむ、誰か買い占めてください。秋葉に行く時間が取れません。
多賀さん、全部買い占めちゃってください。
(こんなところで、買占めなんて書いちゃ駄目です)
>> 出来ましたか Murashima 2002/10/20,12:18 No.349
 田村さん、こんにちは。いよいよウルトラQRP低圧動作部門に突入ですね。
さすが多極管からお初めになるとは!私はまだ手を出していませんので、そのうちやるつもりでいます。QRPのリーダーの田村さんのことですからウルトラQRPでも普通の音量?で聴けるスピーカーをお持ちだと思っておりましたが、そうですか音量の小ささに拍子抜けのご様子ですね。私も更にウルトラQRPを充実させようと、意を決しまして更に能率が良いと言われるALTECのA5を入れてみることにしました。ウルトラQRPがどのように鳴らすのかが楽しみです。
>> 5極管では Murashima 2002/10/20,21:45 No.351
 田村さん、こんばんは。私も6AS6がありましたのでバラックで組立てみましたが、5M-HH3などの3極管と違って電流が流れません、アノード電圧が30Vでは2mA弱です。これでは思うようにスピーカーは鳴ってくれませんでした。3極管並に流すにはスクリーングリッドの電圧を30V以上に上げなければなりませんね、低電圧では5極管の使用はちょっと難しいようですが、いずれうまく使えるようにしたいです。田村さんの方はどうでしたか。
>> ヒントをありがとうございます タムさんす 2002/10/20,22:37 No.352
村島さん、こんばんわ。田村です。
昨日、書込みをしてから、あまりに音が小さいので、トランスを交換したりしてみました。最初山水のトランスが磁化したのかと思っていましたが、東栄の7Kを繋ぐと音が大きくなりました。それで不思議と思っていたのですが、なるほど電流でした。早速調べましたら、2mA弱でした。この手の球では30Vでは低すぎる様ですね。やっぱり、低圧では三極管が有利なようです。三結にしてもだめでした。ちょっと工夫してみます。
三極管でも作ってみます。(手持ちの小型管が無かったので6AS6でやってみたのですが・・・)


画像タイトル:回路図 -(30 KB)

改良しました 高橋卓也@小平 2002/10/18,09:50 No.340 返信 (t)
先日の三土会にてお披露目したモノですが、入力にある反転回路をトランスからオペアンプに変更しました。当日、回路図をお持ちになられた方もいるので、更新して頂ければと思います。当日はバランスの崩れた音でしたが、かなり良くなったと思います。オペアンプはアナログデバイセス社のAD826です。電源はイチカワのSW電源から取りました。
>> 少しゲイン入れたら如何ですか タムさんす 2002/10/19,16:58 No.341
オペアンプにしましたか。せっかくなので反転だけでなく、少しゲインを入れて、入力感度を上げたらいかがでしょうか。単段PPですが、ゲイン不足に陥りがちです。解消の為にひとつ試してみてください。

以上よろしくお願いします。
>> むむむ 小川 2002/10/20,06:50 No.344
PPの位相反転だからゲインを持たせるわけにはいかんと思うが。
>> OPアンプ追加で・・・ タムさんす 2002/10/20,09:41 No.345
田村です。OPアンプはもう一本追加します。このままではゲイン稼ぐことはできませんよね。トランス付きに戻してOPアンプでドライブでも良いかと思います。それだと1本。
それから、差動アンプてありましたよね。何番でしたっけ。あれだと、1本ですんじゃいます。
>> かわりに一言 谷口  2002/10/21,12:11 No.353
SW電源の基板には、既に反転入力の前段に16倍のアンプが内蔵されています。


6FQ7アンプ完成 にしだ@倉敷 2002/10/15,10:30 No.334 返信 (t)
連休の工作に標題のアンプを製作しました、plate voltage:250v, grid voltage:-7v,plate AMP:10mA, plate resistance:7kで計画、トランスは東栄のT-600です、かかった費用は真空管など手持ちを使用して約5K。最大出力0.4W,at1000Hz,出力特性は60Hz-45KHz at-1dB,0.01Wといったところですが、私のスピーカEAS-20PW09を十分に鳴らします、村田@熊本さん教えてもらった手元でのアンプ切り替えの結果では、2A3PPとの比較でよく分からなかったというのが正直な感想、やっぱり耳が悪いのかとも思っています、作ってみての感想はQRPといえども、手間は意外とかかると言うこと、回路が同じなので当たり前と言えば当たり前ですが。
grid
>> 2A3と同じですか タムさんす 2002/10/15,13:02 No.335
にしださん、こんにちは。田村です。
2A3と同じで区別ができなかった様ですね。QRPアンプですが作ってみると意外と実用になるのに驚かれたと思います。同じ回路でしたら音の傾向も似てきますから、同じ音となっても余り不思議ではありません。(ほんの少しの違いは長時間聴くとわかるかと思います
処で、EAS−20PW09ってどんなスピーカーですか。(最近メーカー品に疎いです)部屋の広さはどれくらいでしょうか。参考までにお教え願えるとありがたいです。
それから、同じ回路なら大体同じ手間がかかると思います。私は別電源を使用しています。それに、回路も簡素化し簡単に組めるようにしています。

以上宜しくお願いします。
>> 田村様 にしだ@倉敷 2002/10/16,09:14 No.338
西田です、スピーカはナショナルだかテクニクスの、いわゆるゲンコツとういもので、自作のバスレフに入れ、トゥイタとスーパーウファを使用しています。部屋は洋室の6畳間くらい、家具はほとんどありません。今回の回路ですが、6FQ7のシングル、片側で電圧増幅をしております、2A3の方はPP,共通なのは、NFBを6dBかけている点と、電源にトランジスタによるフィルタを使用している点ぐらいです。意外と電源製作にはエネルギがかかるので、田村さんのおっしゃるように別電源を作っておこうと思います。
>> ゲンコツですか タムさんす 2002/10/16,22:42 No.339
うーむ渋いですね。最近、QRP向きのスピーカー少なくなりました。
入手可能なスピーカーでQRP欲を言えばウルトラQRPに対応できるスピーカー無いでしょうか。

外付け電源があるとアンプ作りは楽しくなりますよ。なんたって、音の出ない電源部を作らなくて良いのですから。

楽しいのができたら紹介してください。


6FQ7 にしだ@倉敷 2002/10/15,10:09 No.333 返信 (t)
本文なし


音の方は Murashima 2002/10/14,22:46 No.330 返信 (t)
 田村さん、こんばんは。大会の前にあまり手のうちを出さない方が良かったかも知れませんが(大会用は別に用意するつもりですよ)、QRPの面白さは本当にやってみて意外性の連続で感激です。さて、このアンプの音は見掛けによらずと言えるでしょう、確かに出力が小さい分苦しい点は承知ですが、使っている出力トランスから受けるイメージはラジオ的な音と思われるでしょうが、それがそうではなくキチンと聴こえるレベルではNFBをかけたアンプのように聴こえるから不思議です。田村さんもお試しあれ(もう既にやっておられると思われますが釈迦に説法的ならゴメンナサイ、ウルトラQRPの良さに目覚めましょう)。
 それから出力トランスは山水のST−81(1KΩ:8Ω)です。
>> 私も早速作ってみなくては タムさんす 2002/10/15,00:20 No.331
村島さん、こんばんわ。田村です。
以前から、高圧信仰みたいなものがあって、競ってぎりぎりの電圧を掛けていたのを記憶しています。(
>> 間違って送っちゃいました タムさんす 2002/10/15,00:26 No.332
(確かにある電圧を超えると凄い、1000V以上と言われています。普通の球に無理をさせるのは別ですよね。素人の扱ってはいけない電圧ですね) 超低圧の音は私も試したことがありません。私も試してみます。トランスの情報ありがとうございました。このクラスの出力で楽しめるレベルの音響を得られるとは、スピーカー系のチューニングもかなりいい常態かと思います。
流石です。レベル高いなぁ。
>> QROで聴き比べ Murashima 2002/10/15,22:06 No.336
 田村さん、こんばんは。QRPに慣れたスピーカーに今日QROのアンプ、GM100 GG 出力200W(イカツリ電球)で久ぶりに聴いてみましたが、なんとも妙な気分です。今までこのQROのアンプの音に不満はなかったのですが、最近のQRPアンプの耳からするとどうもトランス結合の悪さ?ともいうべきレスポンスの狭さを感じ愕然としました。そういえば低圧ウルトラQRPアンプは不思議と高音特性が良く、さすがに低音は豊かさはありませんが、その分鳴っている曲にあわせて自分自身が低音を体の中で作っているともいうべきでしょうか(私は意外と音痴ではありませんので)意識して聴いていることに気が付きました。このためあまり不自然さを感じなかったようですが、ということは人によればこのウルトラQRPアンプでは単に苦痛でしかないと感じられる方もいらっしゃるかと思います。私自身は2000V掛けたアンプより30Vの方が良いと感じたことに新鮮さを覚えます。田村さんぜひ作って感じてみて下さい。
>> おお! タムさんす 2002/10/15,23:03 No.337
田村です。こんばんわ。
QRPアンプは切れが良いですよね。嵌ってしまいましたね。
私も6AN5に出会ったときは驚きました。小型管のクリアさはなかなか普通のオーディオ管で得られるものではありません。これで出力が出れば・・・といつも思っています。それに、QRPが楽しめる環境(適切なスピーカーと部屋ですか)、小さい音を聞き分ける耳が必要です。
私もウルトラQRPをやりたいと思っています。使い慣れた6AS6あたりでやりたいと思っています。6AK5でも良いですね。(会社からドリル持ち帰らねば)

それはそれとして村島さんのQRO聞いてみたいです。先日の例会でも皆で聞きに行きたいという話が出ました。年明けにでもマジでツアー組んで良いですか。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!