画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

ラジオ分科会掲示板


   ページ指定:[ 1 . ]


画像タイトル:img20200510151732.jpg -(Diet 612 KB→82 KB)

エレキットのラジオ 大塚@川崎市 5/10,15:17 No.986

エレキットのAM/FM DSP ラジオ [ TK-739 ]を作りました。

素組みだと基板むき出しで、電池ボックスを足代わりにして直立させる構造です。(写真一番下参照)
よく考えられた構造ですが、なんとなく頼りないのも否めませんので、ケースに収めてみました。

キット自体は、DSPを使った回路で、大変シンプルです。
部品点数は二十数個程度で、難易度はかなり低めです。
面実装のICはすでに取り付け済みで、自分で半田付けする部品については特に小さな部品は無く、初めて半田付けする人でも安易に組めるキットだと思いました。

製作は経験者なら一時間もかからず出来ると思いますが、作った、鳴った!ではちょっと物足りなかったので、今回はケースに収めてみました。


買い足した部品は

ケース:蝶プラ工業 クリアーケース デスコ BR-3f(フタ付)
SPガード:6cmファンガード
同調用VR:ヘリカルポテンショメーター 50kΩ 及び バーニヤダイアル Suntan製

その他、ボリウム(50kΩAカーブ)、スイッチ、スペーサー(30mm・10mm)

といったところでしょうか。


ケースに入れてみて感じたのが、使いやすさも向上し、音質も大幅に改善されました。

特に音質は、キット素組みでは小さな基板に直接スピーカを固定するのみなので、どうしても音の回りこみによる音質劣化が否めません。

今回採用したプラケースは肉厚で強度も十分なので、ケーシングすることによる音質向上は絶大でした。

使いやすさについては、キット素組みではちょっとした刺激で転倒してしまい、またスイッチやつまみも小さく使いづらかったのですが、このあたりの利便性が大幅に向上したと思います。

同調用VRは、キットでは普通の300°回転のVRでしたが同調範囲が狭く使いづらかったので、ちょっと高価ですが10回転のポテンショメーターと専用バーニアダイヤルにしてみました。これは同調が格段にしやすくなり、選局の目安もつけやすくて大正解でした。

ラジオとしての性能については申し分ないです。
モノラルですが雑音もなく、55mmのダイナミックSPの音質も長時間聴くにはいい塩梅です。
消費電力はメーカーHPの記載によると30mA前後程度のようで、単三電池2本で手軽につかえるコンパクトな製品です。

DSPラジオってすごいですね。

作りやすさ、実用性、発展性を勘案するに、電子工作の入門にはぴったりの素材だと思いました。


[返信しないで戻る]