画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

外道分科会掲示板


   ページ指定:[ 1 . ]


画像タイトル:img20030702151109.jpg -(75 KB)

オプションを付けてみました Murashima 2003/07/02,15:11 No.238
 外道ファンのみなさん、こんにちは。大阪熊取の村嶋です。もうすぐ大会ですね、私はこうしてアンプが出来上がったのでホットしています(正直言って夏ににこのアンプは使いたくありません)。さて、アンプの最終の形として計画していましたモニター用スピーカーを付けてみました。う〜んこれじゃまるでラジカセだ!と思わずつぶやいてしまいました。確かにウォークマンをビルトインすればそうなりますね???、B電源部がテーブルでアンプ部がラジカセなんて考えてみるととても楽しくなります。後これに残された問題とすれば、無事車に乗せることができるかどうかです。それにしても大会がとても楽しみです、当日はこれを見てみんなで笑いましょう。お楽しみに! 
>> 急遽手直しです Murashima 2003/07/03,21:59 No.239
 いよいよ大会も明日となりましたが、ここでこのアンプの欠陥が見つかり急遽手直しすることとしました。今アンプをバラしてますが、今晩中で仕上がるかどうか心配ですが、でも何とかしましょう。
>> がんばって!! タムさんす 2003/07/03,23:16 No.240
村嶋さん、がんばってください。お手伝いに行けないのが残念です。
皆さん、村嶋さんにエールを!!
>> 全国大会が終わりました Murashima 2003/07/08,06:42 No.241
 7月5日全国大会で無事発表することができました。ご協力いただいた方々に感謝いたします、どうもありがとうございました。
 実際にこのアンプをご覧になられてどうでしたか?・・・・予想より大きいという声が多かったようですね。当然変な球を使っているので、こんな球今まで見たことがないということもそうですね。多分これを使ってステレオアンプを作ったというのは日本では初めてではないでしょうか?
 ところで、スタイルから受けるイメージとはウラハラの音だったと思われている方も多かったと思われます。あいにく会場の電源は電圧降下を起こしてしまい、本領発揮する出力とはなりませんでしたが、アンプの素性は確認戴けたと思います。大会前夜で手直しした結果がこういう音を出してくれるアンプとなりましたので、まずは成功と言えます(高音の響きが良かったと思います)。
 それにしても完全にD級アンプとは対象的なアンプです、夏の使用はお控え下さいなんて自分に関係したところから一言ありそうな・・・・・う〜んB電源部を改良すればもっと出力が出せるのだが・・・・でもまだ部屋に運び入れてなくアンプは車の中だなあ。まっ、夏でもあるしぼちぼちと改良しましょう。
 以上全国大会が無事終わってホッとした感じです。で、次は水冷管・・・・・
>> ご苦労様 多賀政信 2003/07/09,08:38 No.242
ビックリしたの一言です。ゆっくりと、事故の無いように部屋に運び入れてください。アメリカには巨大アンプの発表会があるそうです。手伝いますからアメリカに行きましょう。日本男児ここにあり。
>> お疲れ様でした タムさんす 2003/07/09,08:49 No.243
村嶋さん、本当に、お疲れ様でした。今回は濃かったですね。

所で、このアンプですかなかなか私好みの音でした。繊細でアタックのある音ですね。このアンプの音質ですが、数ある村嶋さんの外道の中で特異なのでしょうか、それとも同じ傾向なのでしょうか。他のアンプも聞いてみたいです。

発表は時間が少なくて残念でしたが、じっくり聞いてみたいです。(あの部屋暑くて大変でしたよね)
>> やっと部屋に戻しました Murashima 2003/07/09,18:56 No.244
 多賀さん、田村さんこんばんは。先ほどやっとアンプを車から降ろし部屋に戻しました。途中アンプ部のキャスターが悲鳴をあげて曲がってしまいました(なんちゅう重さなんや!)ので修理して運び込みしました。全てを部屋に入れて壊れているところがないかチェックしたところ、左側の電流計が動きません、振動で針と目盛板が接触していることがわかり、針を少し曲げてみるとなおりました。その他は特に異常なかったので、さっそく動作させてみるとやはり水を得た魚のように全国大会会場とはマルッキリ違った状態で鳴ってくれました。このまま外に出さないこととすれば特に改造は必要ないようですね。
 ところで多賀さんアメリカですか!多分向うではもっとスゴイのがあるのでしょう。なにか資料でもあれば見てみたいです。こんなアンプでは多分通用しないのではないでしょうか?恥を曝しに行くようで今のところ何か気が引けます。
 田村さん、そうですねこのアンプの音は球のイメージからするとズ太く鳴るのではないかと思われますが、実態は繊細な感じがしますね。田村さんのお気に入りの音が出ているということですね。これはやはり多極管使用の場合でSGからCGへ帰還をかけた時の特徴のようです。下手をすると発振で悩まされますが、うまく行くと驚くほど高域特性が伸びます。通常の超3結のようにP−G帰還でしたら確かに球のイメージどおりズ太い音がでてきますが、この球ではちょっとそれが強調されすぎます。つまり音に品がありませんので、SG−CG帰還へと変更しました。この方式は荒木さんが既に行なわれたということですが、そのことは事前には知りませんでした。最初にSG−CG帰還を行なったのは自分のアンプでは水平出力管の16C−B28(16GY5)シングルアンプ(大会に持って行きました)がそうで、まだこのアンプで2台目です。今後多極管での音作りでひとつの基準にしたいと思っています。ということで、他の3極管外道アンプでは音は違っています。やはり球そのもののイメージ通りの音が出ていますね。こういう音では田村さんはちょっと期待外れを多分感じるかも知れませんですが、よかったら聴きに来てみて下さいね(絶対笑えます!)。


[返信しないで戻る]